写真で綴る、自然とのふれあい日記
by shirabiso
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31



メールはこちらへ
shirabiso@excite.co.jp
※コピーして貼り付けてください。

フォトアルバム作ってみました。
http://photozou.jp/photo/album/137960
※コピーして貼り付けてください。
カテゴリ

山登り・温泉
高山植物
テレマークスキー
庭の花
シーカヤック
ジョギング・マラソン
いろいろ
検索
その他のジャンル
以前の記事
2011年 05月
2011年 03月
2011年 02月
2011年 01月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2010年 01月
2009年 12月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
2009年 07月
2009年 06月
2009年 05月
2009年 04月
2009年 03月
2009年 02月
2009年 01月
2008年 12月
2008年 11月
2008年 10月
2008年 09月
2008年 08月
2008年 07月
2008年 06月
2008年 05月
2008年 04月
2008年 03月
2008年 02月
2008年 01月
2007年 12月
2007年 11月
2007年 10月
2007年 09月
2007年 08月
2007年 07月
2007年 06月
2007年 05月
2007年 04月
2007年 03月
2007年 02月
2007年 01月
2006年 12月
2006年 10月
2003年 07月
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧


<   2010年 08月 ( 2 )   > この月の画像一覧

伊豆半島、天城山縦走・達磨山(2010年8月21-22日)

 このコース、真夏に歩くにはちょっと暑すぎるんだけど、でも海の近くってーだけでちょっと夏気分になれるような気がして出かけてみました。a0094730_17305970.jpg
 まずは伊東駅からタクシー(ジャンボタクシーで40分、10,500円)で伊豆高原ゴルフ場へ。
 ここから天城縦走コースのスタート。

 有名なアセビのトンネルなどを抜け、進んでいきます。

 人が通ることによって、こんだけ道が削れてしまって、こんなところを見ると山を登る者としてちょっと心が痛みます。

a0094730_1739939.jpg
 大汗をかきながら万三郎岳到着。
 天城山という頂上は無く、この万三郎岳(1406m)が天城の最高峰。

 ここからも細かいアップダウンを繰り返して八丁池へ向かいます。

 万三郎岳を越えるとブナが目立つようになります。新緑の頃などはとても気持ちの良いルートなんです。もちろん真夏でも気持ちいいところなんですが、ちょっと暑いのと虫が体の周りを飛び回って、、、それが無ければもうちょっと爽やか気分になれるんだけどな~
a0094730_17524956.jpg

 八丁池、到着。
 ここも気持ちのいいポイントです!
a0094730_17562341.jpg

a0094730_184431.jpg 当初の予定ではここから旧天城トンネルまで歩く計画だったんですが、ちょっと時間が押していた関係で予約していたタクシーとの待合わせ場所は万三郎岳に着いて時点で既に八丁池口へ変更。(注1、携帯の電波は万三郎岳では大丈夫でしたが、八丁池口付近は不通でした。)
 旧天城トンネル手前で一度タクシーを降り、トンネルを歩いて通過。真っ暗なトンネル内はちょっとした肝試しのようで面白いです。トンネルを出たところで再びタクシーに乗車し(タクシーの運転手さん、ありがとうございました)、修善寺温泉の筥湯(はこゆ)へ向かう。

a0094730_18193128.jpg 今日の修善寺温泉は何かイベントでもあるのか、露店が並んでいてお祭り気分。
 日帰り組とはここでお別れして、泊組は今日の宿泊地であるだるま山キャンプ場へ移動。

 夜、キャンプ場の脇から修善寺の花火大会が見れました。お祭りは花火大会だったんですねー。

a0094730_19352330.jpg
 翌日は達磨山へ向かいます。
 キャンプ場から戸田峠まではこんな感じの防火帯のルートを登っていきます。
 既にこの登りで汗が吹き出てきます。今日も暑っちー!

a0094730_19392335.jpg
 気持ちの良い眺望を望んでいたんですけど、ガスで視界は無く、、、まー直射日光を防いでくれているのは助かるんだけどね。で、視界も無いし、やっぱり暑いしで、大曲茶屋まで縦走する予定は中止。
 稜線から海が見たかったな~。

a0094730_1944224.jpg 戸田峠まで戻り、タクシーを呼んで修善寺温泉へ。
 今日は時間にゆとりがあるので、ゆっくりと温泉に入り、そして初めての修善寺温泉観光へ。

a0094730_1949226.jpg
 「竹林の小径」
 距離としては短いんですけど、でも竹林ってなんか心静まりますね。何でかな~?

a0094730_19551634.jpg
 「修善寺」
 なるほど、修善寺って名前は地名と同時に寺の名前だったんですね。初めて知りました。


 山も良かったけど、それ以外が色々あって、楽しかったです~。
 でも、暑かったな~。この二日間で体内の水分が随分入れ替わったと思います。。。

 ※最近、星の撮影に興味があり、先週ペルセウス座流星群を見に行ったけどガスに包まれて全く見ることが出来ず、じゃー今回再度挑戦と思い、初めての星空撮影にチャレンジしてみました。月明かりとか雲など条件が良くなかったので撮影時間1時間だけ。111枚の写真を動画に編集してみました。
http://www.youtube.com/watch?v=LRCwzHX9aps&feature=channel
 まー今回は初めての撮影ということで、、、空が澄んでくる秋以降に期待しよっと。
[PR]
by shirabiso | 2010-08-28 20:07 | 山登り・温泉

谷川岳~平標山縦走(2010年7月10-11日)

a0094730_22144249.jpg JR土合駅(どあい)。昔昔、谷川岳に登る登山者は皆、この駅で降りて登りに行ったもんだ。でもそれは昭和の話しで、今はどこの山でも車利用者が増え、この駅も寂れた感じがいがめない。
 でも今回は平標までの縦走。なので、久し振りにこの土合駅の地下ホームに降り立ち、462段の階段を登って地上へ向かう。

 今回は楽チンコースのロープウェイ利用。なんだか大勢の登山客で賑わっている。
 谷川岳ってこんなに人気の山だったかな~?って思うほどの登山客。
 まー今日は久し振りの晴れなので、青空に誘われてみんな登りにきたんですかね~。
a0094730_22232349.jpg

a0094730_22234720.jpg 肩の小屋に到着後、谷川岳の双耳峰トマノ耳とオキノ耳をピストンしてくる。
 ちょっとの距離だが、ここは高山植物も豊富で目を楽しませてくれる。
 これはヨツバシオガマ。
 この色、好きな色です。

 今日は肩の小屋で泊り。避難小屋ですが、小屋番もちゃんといて、綺麗な小屋です。
 素泊まり2,000円なり。

a0094730_2233293.jpg 翌日、曇り空の中、出発。
 今日の天気予報は午後から雨。
 平標までは距離があるので頑張らないとね。

 この縦走コースを歩くのは随分と久し振りです。あんまりにも久し振り過ぎて、どんなコースだったか全く覚えていない。なのでとっても新鮮感があり、楽しいです。
 人間、適度に忘れていくことは良いことですね。

 風がずーっと強く吹いていて、でも歩きにくいってことではなく、逆に晴れて暑くなるよりも涼しくって歩きやすかったかもしれない。
 曇ってはいるが視界も広く、眺望が楽しめる。
 ガスの流れる風景も結構、カッコ良かったりする。
a0094730_22415829.jpg

 無事、平標を越え、下のバス停に着いた頃に雨。
 ん~、天気も何とかもってくれました。
 なんか久し振りに長い距離を歩いたな~。
 ちょっと充実感を感じます。

 今回の動画⇒http://www.youtube.com/watch?v=vmk70Xr_Dc8
[PR]
by shirabiso | 2010-08-06 22:54 | 山登り・温泉