写真で綴る、自然とのふれあい日記
by shirabiso
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28


カテゴリ:テレマークスキー( 54 )

ニセコ(2011年1月)

1月末に北海道のニセコへスキーに行ってきました。
2年前に行ったときは気持ちの良い青空が広がったのですが、
今回は雪雪雪の大雪の毎日。
いや~、よく降ってました。
a0094730_22244415.jpg


お陰でゲレンデの外へは出られず、バックカントリーツアーへは行かれなかったんですが、
ま~その辺は自然相手のことなので、しょうがないですね。
でもゲレンデ内(正確にはゲレンデ脇の森の中)でも結構、楽しめました!
a0094730_22252810.jpg
北海道ならではのフカフカの柔らかい雪です!

夜、ナイタースキーには行かなかったけど、
この夜景は見ているだけでも綺麗です。
でも今回は雪降りすぎで視界が今一ですかね。
a0094730_22263694.jpg

[PR]
by shirabiso | 2011-02-11 22:27 | テレマークスキー

蔵王(2011年正月)

今年の正月はスキー仲間と蔵王へ行ってきました。
スキー場内にある地元山岳会の山小屋へ泊めさせてもらい、
スキーとお酒三昧。
まーこんな正月もたまにはいいかな。

12/31から1/2までの2泊3日。
天気予報では天気が良くないと言っていたのですが、
予報に反し、マズマズの天気。
特に一番天気が悪いと予報されていた元旦が一番良い天気。
a0094730_1402912.jpg

これはゲレンデ脇の見晴らしの良いところから見た蔵王です。
真っ白な雪と青い空って、ベストマッチですよね。
a0094730_1431324.jpg


近年温暖化で蔵王の樹氷も年々出来が遅くなったり小さくなっているようですが、
今回は直前の降雪もあり、順調に成長中のようです。
a0094730_1465934.jpg


蔵王の魅力は、温泉。
山小屋から降り、ふもとの温泉へお風呂に入りに行ったりと。
a0094730_1491766.jpg


今年の正月は最近にしてはマズマズ雪があった様で良かったです。
でもテレマーカーとしてはやっぱりゲレンデで滑っていてもなぁ~。
やっぱり自然の中を滑ったり歩いたりがいいなぁ~。と言う事で、最終日はちょこっとだけ裏山へ遊びに行ってきました。流石にまだ雪の量が足らずに所々ブッシュが顔を出していたけど、でも2時間程度のお散歩ツアーは楽しかったね~。


Published by デジブック
[PR]
by shirabiso | 2011-01-04 14:22 | テレマークスキー

テレマークスキー in 尾瀬 (2010年4月24-25日)

 至仏山を滑る予定で行ったのですが、初日はちょっと風が強くて、早々に計画変更。
 鳩待峠から、まずは今日の泊りの山の鼻小屋へ。
 で、荷物を置いて、周囲の森へ散策に出かけます。
a0094730_16492957.jpg
 天気は青空が広がったかと思えば、急に雪がドカドカと降ってきたりと目まぐるしく変化して、頂上を目指していたら、かなり風に吹かれて、あまり楽しくなかっただろーなー。
 もー春だから、やっぱりノホホンとしたのんびりモードがイイですねー。

 思わぬ降雪のお陰で、4月だと言うのに予想外のパウダーを滑れて、それとみんな至仏山に集中しちゃうけど、周囲の森の中には結構良い斜面があることを発見!
 誰もいない我々だけの静かな散策が楽しめました。

 二日目、予想通りの快晴!
 朝の太陽の光が、素晴らしい景色を見せてくれました。
a0094730_1762627.jpg

 こちらはダイヤモンドダストが写ってるんですけど、分かりますかねー。空気中の水蒸気が凍ってキラキラと光って見えるんです。実際に見ると虹色に輝いて見えて、本当に綺麗なんです。
a0094730_17919100.jpg
 小枝には氷の結晶が羽毛のようにくっ付いていて、これもとても綺麗でした。
a0094730_17113743.jpg

 一旦小屋に戻り、朝食を済ませた後に尾瀬ヶ原散策へ出かけます。

 尾瀬の雪ってこんな風に解けていくんですね。知りませんでした。
a0094730_17151822.jpg

 こちらはウサギの足跡。ちょっと大股のようで、隠れるとこがない平原を大急ぎで飛び跳ねて行ったんでしょうか? そー言えば、この後、色々な動物の足跡を見たんですけど、鳩待峠の近くであきらかに熊と分かる足跡と見て、ひょえ~とおののいてしまいました。結構大きな足跡で、爪の跡まではっきりと分かる新しい足跡だったんです。昨日の散策中も、もう少し小さい獣の足跡を見つけたし、尾瀬周辺の森は豊かで健全だと言うことでしょうか。(白いウサギも見れました!)
a0094730_1732018.jpg


 これは地塘ですよね。なんとも春の風景ですね~。
a0094730_1727726.jpg

 燧岳をバックに尾瀬ヶ原にたたずむメンバーの一人。
 6月になると大勢の人が押しかけてくる尾瀬ですが、雪のこの時期はまだまだ静かな尾瀬が残っておりますね。
 いいな~、この広さが。
a0094730_17293981.jpg

 この後はアヤメ平経由で帰ります。
 アヤメ平への登りもブナが綺麗ないい森でした。雪が解けちゃうと来れないところですからね。貴重な体験です。
a0094730_17381033.jpg

 この日はとにかく良い天気で、日差し全開。
 木々の枝のシルエットが、なんとも芸術作品のようで、、、
a0094730_1740169.jpg

 今回は沢山歩いたテレマークスキーでした。でも土曜日に滑った思いがけないパウダーでメローな斜面は最高だったし、その他にも新発見が多く、実り多い企画でした。
 今シーズンはあまり滑りに行けなくて、今回で早くも滑りは終了。来シーズンは頑張ろっと。
 で、来週GWは飯豊へ山登り。天気、良いといいんですけど。
[PR]
by shirabiso | 2010-04-29 17:50 | テレマークスキー

乗鞍、位ヶ原山荘(2010年3月13-14日)---2

 翌朝、東の空が綺麗に晴れてきています!
a0094730_19543764.jpg
 登山客の人達は朝早くから出発していったけど、うちらはのんびりと最後まで小屋に居座り、(出来ればこのまま一日中コタツでまったりしていたかったのですが、)一番最後に仕方なく出発。

 天気は快晴なんですが、風が強く吹いています。
 上の方は白い雪煙が舞っていて、大丈夫ですかね~?
a0094730_2041084.jpg
 うちらが目指すのは乗鞍岳のピークではなくて、向かって右端の大黒岳。
 ここは北アルプスの眺望が素晴らしく、今日のこの天気なら穂高が綺麗に見えるはずなんですけど、、、

 最初は順調に登っていたのですが、徐々に標高を上げていくに連れ、稜線を吹き抜ける風をまともに受けるようになってきて、
 雪面の雪が飛ばされてアイスバーン状態になってきて、
 段々と立っているのも大変になってきて、
 峠まであと5mってとこまで行ったのですが、稜線に出てしまうと立っていることも出来そうもなく、そんな状態で稜線に出る必要もなく、、、結局あと稜線まで5mってところで引き返してきました。

 いったん位ヶ原山荘前まで滑り降り、お昼休憩した後に再び少しだけ登り返して下山の為にツアーコースへ。
 途中の景色はまさに絶景。
 空、青いよな~。
 こんな景色を見られただけでも満足だよな~。
a0094730_20155216.jpg

 これが今シーズン使っているK2のワークスティンクス。板は良いんだけど、今シーズン、あんまり滑りに行ってないせいか、板に乗れてないんだよな~。。。
a0094730_20241393.jpg
 滑りは最悪で転んでばかりですが、天気は気持ち良いです!
a0094730_20201723.jpg

 良い天気に恵まれ、
 そして位ヶ原山荘、すっかり気に入ってしまいました。
 なんかコタツ、落ち着きますね~。
 また訪れてみたい小屋でした!
[PR]
by shirabiso | 2010-03-20 20:30 | テレマークスキー

乗鞍、位ヶ原山荘(2010年3月13-14日)---1

 3月ってーのは滑るには中途半端な季節で、雪は湿って重たい雪うえに、天気が三寒四温で安定しない。
 雪も天気も不安定で、行ってみないと良く分からない。
 この日も少しでも標高の高いところと思って乗鞍に来てみたものの、登り口の乗鞍高原温泉スキー場は朝から雨!
 スキーに来て雨ほど気分の乗らない天気はないです。
 なので昼頃には雨が止むのを期待して朝から温泉『湯けむり館』へ。

 何となく小雨になったような気がするお昼過ぎに、ようやく出発。
 今日のお宿はスキー場トップから1時間半ぐらい歩いた位ヶ原山荘です。
a0094730_17301327.jpg
 雨は止んだけど、ガスが掛かって視界のないツアーコースをテクテクとスキーで位ヶ原山荘へ。
 春はここまでバスで来れるんですけど、この時期はまだ雪に閉ざされた山小屋です。
a0094730_17434458.jpg
 友人の是非一度泊まってみたいとの言葉に誘われて、どんなとこなのか期待です。
 おー!コタツ!いいですねー。
a0094730_17424595.jpg
 昼過ぎに出たと言うのに、小屋への到着は我々が一番乗り。途中で登山者パーティを何人も追い越してきたからね~。荷物が少なければスキーの機動性は抜群ですね。スノーシューやワカンよりも遥かに速い!
 今日は天気も悪いし、もー後は小屋でくつろぐだけです。
 コタツに入ってお酒飲んで、、、すっかりくつろいでしまいます。

 泊り客はスキーの人ばかりだと思っていたのに、結果、スキーは我々二人のみ。後は登山客ばかり。山屋はさすがだねー。天気悪くても登ってくるねー。まー明日は天気予報では晴れだから。
 スキーヤーは下で温泉入りながら待機なんですかね。
[PR]
by shirabiso | 2010-03-20 18:03 | テレマークスキー

芳ヶ平テレマークスキー(2010年2月27-28日)

 直前まで天気予報では雨だったのですが、当日は青空が広がり気分上々!
 ロープウェイ山頂駅を降り、パトロールに届けてからツアー開始です。
 湯釜の広い裾野をテクテクと板を滑らせていきます。
a0094730_147286.jpg

 湯釜をバックに芳ヶ平ヒュッテへー!
a0094730_1483114.jpg

 天気が良くて気持ち良さそうに見えますが、ここ1週間、とても気温が高く、雪質はまるっきり駄目。板を滑らしていても急にボコッと穴が開いたり、下り坂になっても板に粘りつくようにブレーキが掛かるし、、、何でもないところで何度も転びながら芳ヶ平ヒュッテに到着。
 雪は駄目だけど、天気が気持ち良いので、昼前からビールで乾杯してしまいました!
 昨日はこの辺でも雨だったそうです。1日で50cmは雪が減ってしまったらしい。
 まだ2月なんだけどな~。
 外で気持ち良くビールが飲めるっておかしいよな~。
a0094730_14152184.jpg

 もーこのまま気持ち良く飲み続けても良かったんですが、ヒュッテのお母さんに『駄目っ!滑りに行ってきなさい!』と根の生えそうなお尻を叩かれ、シブシブ渋峠方面まで行ってきました。
 標高も上がったのと、少し気温も下がってきたようで、案外雪質は上々。
 でも今シーズンまだ全然滑っていない私としては、なんか板に乗れたないよな~って感じで、コケまくり。
 やっぱり練習しないと駄目だよな~。
a0094730_142917100.jpg

 16時前にヒュッテに戻り、あとはもーくつろぐのみ。
 ここは何度来ても幸せな時間が刻まれているなーって思います。
a0094730_14312457.jpg

 料理は美味しいし、当然ワインも美味しくなるんですね。
 それと、このヒュッテは客を多く泊めないのと、新堀さん達が作り出すヒュッテの雰囲気で、自然と同宿になった方達と親しくなれるんですねー。
 本日も雑誌「ランドネ」を読んで来たという方達と楽しい時間を過ごせました。
a0094730_14322118.jpg


 翌日、風が強く、ちょっとだけ滑って早々にヒュッテでマッタリする。
 2年前に来たときは吹雪で閉じ込められて帰れなかったんですが、今回はこの程度の風では帰れちゃいますねー。
a0094730_14414862.jpg

 帰る前に腹ごしらえ。
 パスタはいつも頼むので、今回は気になるメニューを頼んでみました。
a0094730_1448840.jpg
a0094730_14482573.jpg

 「パンデフロール」と「本日のシャーベットとジェラード」
a0094730_1451224.jpg
a0094730_1451423.jpg

 いやーとっても美味しかったです!
 ランドネガールが食べるようなメニューでお母さんに黄色い目で見られてしまいましたが、でも美味しいものは美味しいんです。(ここでしか恥ずかしくって食べれませんが)

 はぁー、今回もとても幸せな時間が過ごせましたなー。
 やっぱり芳ヶ平ヒュッテですねー。
[PR]
by shirabiso | 2010-03-07 14:59 | テレマークスキー

湯の丸・池の平 テレマークスキー(2010/1/17)

 ようやく今シーズンの初滑りに行ってきました。
 初滑りということで、お手軽な湯の丸・池の平へ。
a0094730_21471342.jpg

 当日は快晴に恵まれ、おまけに寒気が入り込んでいて雪は良い状態。
 前日の土曜日は天気が荒れていたようで、湯の丸へのルートはノートレース。

 ここでラッセルするとは思いませんでした。
 なんか、この冬は昨年の塩見からずーっとラッセルばかりしている気がします。
 山に出かけるたびに寒気が入り込んで、、、まーそのお陰で綺麗な雪景色を見ることが出来ているんだけど、、、こーいつもいつもラッセルっつーのはなぁ~。疲れるんだよなぁ~。
 とはいえ、ラッセルして登ったお陰でノートラックの新雪面を気持ち良く滑ることが出来ましたー!

 昨年、ニセコに行った後にパウダー用の板がほしくなって購入しておいた新品の板です!
 K2のワークスティンクス(WORK STINX 08-09モデル)
a0094730_2244791.jpg
 グラフィックも気に入って購入した板の初滑り。
 いい感じです!
 今までの板に比べて幅が広い分、浮遊感がアップ。
 深雪の中でも板が良く曲がるし、滑り心地はgoodです。
 買って良かった~。

 湯の丸も池の平もあっと言う間に滑り降りてしまったけど、新しい板で予想外のパウダーを滑れたので気分は上々です。
[PR]
by shirabiso | 2010-02-09 22:20 | テレマークスキー

月山・鳥海(09年GW):4日目

2009/05/05

 いよいよ今回の遠征のメインイベント、鳥海山山頂からの祓川(はらいがわ)大斜面の滑降です。
 朝、コテージ前から鳥海山がよーく見えています。
a0094730_16181792.jpg

 8時、祓川の登山口から見上げた鳥海山。
 ここまで来ると、空気も澄んで、空の青さが違いますね。
a0094730_16244721.jpg

 準備を整え、頂上めざして登り始めます。
a0094730_16264712.jpg

a0094730_162741.jpg
 暑いです!
 暑い時には暑い地方の飲み物がうまい!
 (旅するさんぴん茶と私のテレ板:K2 SUPER STINX)
 休憩も入れ、4時間弱で頂上到着。
 作ってきたおにぎりで腹ごしらえをした後、いよいよ大斜面の滑降です!
 ちょうどこの時は我々以外のテレマーカーの集団も滑り出そうとしていて、大ギャラリーが見守る中での滑降。
 ちょっと緊張しちゃいます。
a0094730_16311732.jpg

a0094730_1639256.jpg
 昨夜、念入りにワックスを塗りこんだおかげで、板の滑りは絶好調!

 あっという間に(転げ落ちるように、、、)頂上直下の急な大斜面を滑り降りていきます。
a0094730_16423968.jpg

 まだまだ続く広々とした斜面。
 標高も落ち傾斜もやや緩くなってきた斜面を思い思いに滑っていきます。
a0094730_16464837.jpg

 やっぱりこの山はステキです。
 鳥海、大好きです!
a0094730_16491480.jpg

 鳥海・月山はもう何度も訪れていますが、何度訪れても良い山です。
 美味しい海の幸もあるし、山もいいし、森もいいし、お酒も美味しいし、、、
 はぁ~、あっという間の充実したGWでした。
 (※翌日はさしたる渋滞にもはまらず、帰京。満足満足。)
[PR]
by shirabiso | 2009-05-10 16:58 | テレマークスキー

月山・鳥海(09年GW):3日目

2009/05/04

 今日・明日の天気を見比べて、快晴が見込める明日に頂上を目指し、今日は下部のブナ林を滑ることに。
a0094730_1452034.jpg 昨年のGW、あまりにも綺麗な新緑に誘われてソロリと滑ってみたブナの森。その時にもっと下まで滑れそうな感じだったので、今年は昨年の倍ぐらいの標高差のルートに挑戦してみることに。
 はてさて、無事に目的の地点まで滑り降りれるのでしょうか?
a0094730_14202056.jpg 車1台を下降点付近にデポし、祓川(はらいがわ)の駐車場少し手前からスタートする。
 
 適度な間隔を保ったブナの木々の間を快適に滑り出す。
a0094730_1423830.jpg
 開放的な大斜面をかっ飛ばすのもいいが、林間を滑るのも味わいがあってとっても好きです。
a0094730_14261271.jpg

 残念ながら今年はまだブナだけではなく、全ての木々の新緑が芽吹いておらず、あと1週間後ぐらいかな~って感じです。
 今年が遅いのか、去年がたまたまラッキーだったのか? さてどっちなんでしょうか?
a0094730_14324387.jpg
 新緑もお預けで、空も曇りですが、それでもブナの木々に囲まれて滑るのは気持ちが良いです。

 GPSを頼りに、あっちだ・こっちだとルートを探りながら滑り降りていきます。
 細かい沢も出てくるので、慎重に降りていかないと下部で沢を渡れなくなってしまいますからね。
a0094730_14403354.jpg
 段々と木々の間隔も狭まり、滑るというより藪漕ぎのようになってきます。
 最後は林道手前で急斜面に阻まれ、スキーを脱いで枝につかまりながらの下降。

 何とか無事降りてくることが出来ました。
a0094730_1446538.jpg
 ここから車をデポしてあるところまでは、除雪されていない林道を約1kmほど歩きます。

 道端にはフキノトウが。。。
 お・い・し・そ・う。。。
 もちろん晩のおかずに。。。

a0094730_14501743.jpg
 今夜のメニューはブイヤベース!
 昨夜の手巻き寿司も美味しかったけど、今夜も絶品!
 滑るのも楽しいけど、コテージ泊でみんなでワイワイやりながらの食事も気兼ねが無く楽しいものです。
 いや~、今夜も飲みすぎてしまいます~。

a0094730_14582927.jpg
 そしてメンバーの中で誕生日の方がいたので、手作りケーキの登場。(年齢とローソクの数はまったく関係がありません。)
 写真では綺麗に見えるのですが、、、
 完成予想図はもっと違った形だったらしい、、、(味はおいしかった)
[PR]
by shirabiso | 2009-05-10 15:06 | テレマークスキー

月山・鳥海(09年GW):2日目

2009/05/03

a0094730_12355658.jpg 今日の天気はうす曇り。昨日、快晴の元、頂上まで登った仲間達はみんな真っ赤に日焼けしています。

 出だしは頂上付近もまだ見えていたんですが、、、
 (登る分にはうす曇りの方が暑くなくて快適です。)

a0094730_12395674.jpg 登っている途中でもうガスが掛かってきてしまいました。
 まー頂上手前は岩が露出していたりして滑る対象の斜面ではないので、あっさりと登頂はパス。
 ガスとの境界線ぐらいの急登手前までの斜面で遊ぶことにします。

a0094730_1248524.jpg
 なので出だしはこんなガスの中から。
a0094730_12513248.jpg
 下の方の雪は重たくて粘りつくような雪ですが、この辺りの雪は快適!
a0094730_1252479.jpg
 斜度も手頃でみんな快調です。

 月山はこのなだらかな斜面がいいですね。
 なんとも優しさがあります。
a0094730_1255593.jpg
a0094730_1322062.jpg
 下部まで滑り、
 もう1本登り返して又滑り、
 マッタリと月山を楽しみました。

a0094730_1362980.jpg
 昼まで滑り、次の目的地である鳥海山へ移動。
 宿は祓川(はらいがわ)側なので海沿いを移動です。
 と言うことはこんな美味しいもの(岩ガキ1個350円。おいひ~でふ!)が食べれたり、

a0094730_13123410.jpg こんな海の幸をいっぱい買い込んだりしながらの移動。
 もちろんお酒も沢山買い込んで、明日からの鳥海山に英気を養うのでした。

 はぁ~、おいしかった~。
[PR]
by shirabiso | 2009-05-10 13:20 | テレマークスキー