写真で綴る、自然とのふれあい日記
by shirabiso
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28


カテゴリ:旅( 41 )

沖縄離島の旅(7日目)・・・多良間島 2010年6月29日

 1週間の旅も今日で終り。
 今日はもうゆっくりと帰るだけです。

 これは空港へ向かう途中によってもらったビーチ。
 潮がまだ満ちている分、リーフ内の海も綺麗ですねー。
a0094730_20383681.jpg
 よく見ると砂浜には産卵の為に上陸したウミガメの足跡が沢山残っています。
 そー言えば昨日だか一昨日だかは満月の夜だったよなー。産卵は満月の夜によく行われって聞いたことがあるけど、本当なんですねー。
a0094730_20412823.jpg
 テレビでしか見たことないので、産卵の痕跡だけでも、なんか感動しちゃいます。
 これは産卵場所。
 ここは自然のままのビーチなんだなーって改めて実感しました。
a0094730_20513338.jpg

 11時の宮古島行きの飛行機に乗り込みます。
 今日もいい天気だな~。
a0094730_20585790.jpg
 楽しみにしていた飛行機から見下ろす多良間の海。
 確かに綺麗だけど、何となく旅の終りに見る風景ってーのはちょっぴりセンチメンタルになってしまうよなー。
a0094730_2111631.jpg


 あまりにも何も無い多良間島に、最初はちょっと戸惑ったけど、でも天気も尻上がりに良くなってきて夏空とともに気分も晴々としてきて、で、思い切って水納島に行ったことによって一気に全てが良い状態になったような気がします。
 良かったな~って。
 このブログを書いている1ヵ月後でさえ、良かったな~って生々しく実感できます。
 しばらくは旅心も暴れることもなさそうです。
[PR]
by shirabiso | 2010-07-31 21:16 |

沖縄離島の旅(6日目)-2・・・多良間島 2010年6月28日

 海でひと泳ぎした後は、島探索に出かけます。
 これは港から集落へ続く道。
a0094730_22413872.jpg

 今は1家族だけした住んでいないが、昔は沢山住んでいて学校などもあったらしい。
 鉄棒の痕跡もあったりする。
 てくてく歩いていると、いきなり有線放送が流れて、「役場からのお知らせです。本日、何時になんちゃらかんちゃら・・・・」などとスピーカーから流れてくる。
 こっちはこの真っ青な空の下、すっかり南国気分で浮かれていたのに、この超庶民的生活音。ん~、なんともいえぬギャップを感じるが、ここも生活の場なんだな~と実感する。海底ケーブルで多良間島と電気とかがつながってるのかな~?
a0094730_2333640.jpg

 この島に生活している家族は牛を育てているそうだが、牛以外にもヤギがいる。飼っているにではなく野生化しているようだ。道で急に出くわすと、慌てて逃げていく。
a0094730_239595.jpg

 集落を抜け、東側のビーチに出てみる。
 砂浜がとても綺麗です! まったく足跡の無いビーチがとっても気持ちいい!
a0094730_2313447.jpg

 上空にはアジサシが飛んでいて、気持ち良さそうだよなー!
 青い空に白いアジサシの姿が、なんともいえない!
a0094730_23143826.jpg

 多良間にもよくあったけど、こんな岩がゴロンと転がっていて、ちょっとおもしろい。
a0094730_23201610.jpg

 続いて北側のビーチへ向かってみる。
 こっちは広~いビーチが続いています。
a0094730_23252798.jpg

 そして色々な漂流物があります。
 これは??? なんなんだ~?
a0094730_2327993.jpg

 ずーっと続くビーチをズンズンと進む。青空は気持ち良いけど、暑っちーなー!
 日影が無いので、結構つらいです。
 上空には再びアジサシが飛び回ってます。
a0094730_23321561.jpg

 さて、帰りの船の出港は15時半の約束。そろそろ来た道を戻って港に戻り始めないといけないんだけど、、、このビーチをずーっと進んでいくと、島を一周できるような気がするんだけどな~。でも結構距離有りそうだし、暑いし、どうしようかな~。と迷うが、実は迷ってはいないのだ。ズンズン進んで、島、一周するぜ!と心に決める。
 アダンの林を横目に真っ白な砂浜を進む。
a0094730_0265597.jpg

 砂浜って歩きにくいよな~。
 ちょっと時間が押してきて、小走りに進む。ただでも暑いのに走れば尚のこと暑くなる。当然です。
 時々表れる木陰が、砂漠の中のオアシスのように感じます。
a0094730_093811.jpg

 西へ西へと続くビーチがようやく弧を描くように曲がり始め、島の最西端辺りに到着。
 約束の時間まであと15分。え~ん、まだ港までは結構あるんだよ~。
 こんな孤島で約束の時間に戻ってこないと船長さんも心配するだろうと思い、さすがにあせってくる。
 この辺りからは、もう必死に走り始める。真夏の太陽が照りつける中、砂浜を走る走る。
 頑張っても頑張っても砂浜ってーのは進まないぜー。まったく、スポーツ合宿みたいだぜー。などと思いながら走る。
 5分遅れでなんとか到着。はぁ~体があっちぃ~よ~。クーラーボックスの中にあった冷水を頭から掛け、冷えたさんぴん茶を一気飲み。メチャクチャうまかったです!

 今回は日帰りという限られた時間内での水納島だったけど、もし次回があれば、もっとゆっくりとこの島を散策してみたいものです。だってこの島に流れている時間はもっとゆったりとした時間だからね。
 でも限られた時間でしたが、ちょっとの時間だけでもこの島に来れれて良かったです。ここに来れたお陰で、グズグズしていた私の旅心が一気に爽快な気分になれました。

 船長さん、ちょっと心配させてしまってスイマセンでした。。。
[PR]
by shirabiso | 2010-07-31 00:45 |

沖縄離島の旅(6日目)-1・・・多良間島 2010年6月28日

 この旅の計画を立てていたときから、行ってみたいな~と思っていた水納島(みんなじま:多良間島から小型船で15分ぐらい。1家族の3人だけが住んでいる小さな島)。でも定期便は無く、行くには船をチャーターしていかなくてはならない。金額は3万円。一人で行くには高すぎる。もしこっち(多良間)に来て、一緒に行く人がいればチャーター代をシェアして行ってみたいなと思って宿の主人に周りの宿の人にも声を掛けてほしいと頼んでおいた。でもこっちに着てから観光客なんて全然見ないし、無理だよな~と諦めていた。今日はちょっと風が強いな~とか、天気がいまいちだな~とか、なんやかやと自分に言い訳して行くのを諦めようとしていた。
 でも、で~も、今朝は朝から素晴らしい夏空が広がっている!
 朝起きたときから、空を見上げて、「あ~行きてーなー!」と、昨日まで諦めていた旅心にメラメラと火がついてしまった。明日は帰る日。今日行かなかったら、もー水納島に行く機会も無いかもしれない。3万円と旅心が天秤に掛けられ、一気に旅心に傾く。そして宿の主人に船の手配を頼むのであった。

a0094730_15404932.jpg
 これは水納島の港。
 もー感激です。船から見る水の色がもー全然違っていて、藍色の海を水しぶきを浴びながらこの島に渡ってきたときには、もー心がブワァーっとはじける様に開放されて、「来て良かった~」と感動です。
a0094730_15542340.jpg

 そしてこちらが港のすぐ横(西側)にある浜。
 干潮時の為、随分と潮が引いてしまっている。
a0094730_1604526.jpg

 取り合えず、まずは海へひと泳ぎです。
 海に入ろうとした瞬間に1mぐらいのサメ(?)がスーッと逃げていった。さすが手付かずの自然のビーチです。
 で、この海です!!!
a0094730_1662541.jpg
a0094730_168327.jpg

 さすがにリーフ内では珊瑚の姿は殆どありませんが、でもこんなふうに熱帯魚は見られます。
a0094730_1617224.jpg

a0094730_1638550.jpg
 こちらはキスの仲間の魚。多良間の海でも沢山見ました。愛嬌があって、なんかユーモラス。
a0094730_16173114.jpg
 時間があればリーフエッジの方にも行きたかったんですが、、、でも珊瑚は綺麗でも潮の流れが複雑らしいですからね。
 私はこのリーフ内の海でも十分満足です!
a0094730_16223651.jpg
 ニモ(クマノミ)にも沢山会えたし。
a0094730_1623495.jpg

 これは水面下から撮った水面の写真。
 なんかいい感じ。
a0094730_1626912.jpg

 そー言えば、大きなエイ(マンタではありません)を見ました。写真は撮れなかった。あった瞬間に凄いスピードで逃げていってしまったから。
 やっぱり人が殆ど入らない海って観光地の海とは違うんだな~って感じました。
 それにしても、この夏の空とこの海は感動ものです。来て良かった~!
a0094730_16362050.jpg
水納島の海の動画⇒http://www.youtube.com/watch?v=_TKidZ2thqU
[PR]
by shirabiso | 2010-07-25 16:40 |

沖縄離島の旅(5日目)・・・多良間島 2010年6月27日

a0094730_18234840.jpg 多良間島に来て4日目。今日は日曜日。
 なんか賑やかだな~と思ったら、島の子供達の運動会が開催されていた。
 幼稚園・小学校・中学校の合同ってことは、高校が無いこの島にとっては全ての学校って事ですね。
a0094730_18284016.jpg 多良間の子供達のことを多良間っ子と言うらしい。
 礼儀正しくて、道で子供達に会うと「こんにちはー。」と子供達のほうから会釈してくれる。
 向こうにしてみれば、得体の知れない怪しい旅人なのに、いきなり道で「こんにちはー。」と挨拶されると、こちらのほうが戸惑ってしまって、、、「あっ、こ・こ・こんにちは。」と、しどろもどろな挨拶で、どうもスイマセンでした。

 さて、天気も良い事だし、今日も海に行ってみる。
 今日は空港の近くの浜へ行ってみようかとママチャリにまたがり、適と~に道を選んで行くと、こんな未舗装な素敵な道に出会う。
 ママチャリからの風景動画⇒http://www.youtube.com/watch?v=sj_5q4AVIdU
a0094730_2015467.jpg

a0094730_20165586.jpg
 多良間はサトウキビ畑だけじゃなくて、こんな牧草地的な景色も随分多く見られたりする。
 こんな風景はちょっと八重山の黒島に似ているかな。

 空港の南側にあるマガリ゜アカダントゥブリ
 今日も誰もいない一人だけのビーチ。
 一人だとちょっと怖いので、リーフエッジには近づかずに潮溜まりでプカプカと。
 それでも私には十分楽しい。
a0094730_20324259.jpg
a0094730_20421142.jpg
 砂浜の白さが、本当に真っ白で、砂もきめ細かくて、全く自然のままのビーチ。
 沖縄の離島に来ると、こーゆービーチに出会えるのが凄いよな~。
a0094730_20334564.jpg 11時、上空を飛ぶ小型飛行機。
 フェリーが欠航中の今、外界との唯一の連絡便です。
 飛行機から見下ろす海は綺麗だろうな~と思い、明後日の帰りの便に予約していた2便(16:15発)を1便(11:00)に変更する為、この後、空港で手続き。無事、窓際の席を確保できました。

a0094730_21362197.jpg この後も空港近くの海でのんびりと。
 はっきり行って、多良間には大小あわせて沢山のビーチがあって、どれもこれもプライベートビーチ。
 どれもこれも周遊道路からビーチへの入口が草むらの中を通っていくような道で、分かりづらい。ハブがいたらちょっと怖い。でも多良間にはハブはいないんですね~。なのでビーサンでも安心して入っていけます。(でもところによってアブがいるので注意。日焼けした足に刺されると痛いです!)

 今回の旅で見た中で一番派手な色の魚です。
 名前は????
a0094730_21432153.jpg

 海中の動画⇒http://www.youtube.com/watch?v=3q1OM9ya0go
[PR]
by shirabiso | 2010-07-18 21:47 |

沖縄離島の旅(4日目)・・・多良間島 2010年6月26日

 梅雨明けした沖縄だけど、多良間に着てから梅雨前線が南下していて、いまいちスカーッと真夏の青空が広がっていなかった。今日辺りから前線が北上しつつあるようで、空が夏の空に変ってきました!

 まずは朝の海を散歩。 もちろん、だ~れもいません。
a0094730_21284852.jpg

a0094730_21312455.jpg
 カニに遊んでもらい、
 そして、今日もヤドカリの写真を1枚。
a0094730_21381137.jpg

a0094730_21421660.jpg
 朝の散歩を終え、宿に戻る途中、八重山遠見台公園の近くを通ると、そこは蝉の大合唱。
 なんかすごい!

 蝉の大合唱⇒http://www.youtube.com/watch?v=0e23I0sbs0M

 さて今日は宿の主人とシュノーケルツアーです。他に客はいない(仕事で来ている宿泊者はいますが)ので、私とご主人とマンツーマン。
 場所は昨日私が一人で遊んでいたのと同じふるさと海浜公園(トゥガリ゜ラトゥブリ)です。でも今日はもっとリーフエッジに近いところまで行く予定です。(私がもっと泳ぎが上手ければリーフの外まで行ったんだろうけど)
a0094730_2221077.jpg
a0094730_2224712.jpg
a0094730_2225533.jpg

 宿の主人が言うには、今日は水が随分と濁っているらしい。ちょうど大潮の干潮時に近くて、そのせいか潮が引いていく時に浜近くの色んなものも一緒に流されていくので水が濁ってしまうそうです。
 私には十分に透きとおって見えたんですけど、、、

a0094730_22121195.jpg シュノーケルツアーと言っても、宿の主人は獲物を探してズンズンと。私はその後を追って水面にプカプカ浮かびながら写真撮影といったスタイル。

 干潮時の為、珊瑚が隆起しているところを避けながら、時にはその上に上がって乗り越えていったりしてリーフエッジの近くまで移動していきます。

 確かにリーフエッジに近づくにしたがって水の透明度が変ってきました。珊瑚も増えてきて、魚の大きさも大きくなってきたようです。
a0094730_22474752.jpg
a0094730_22483169.jpg
a0094730_22484571.jpg

 それに伴い水温もちょっと下がってきたようで、夏とはいえそんな海中にずーっといると体が冷えてきます。なんたって主人と違って私は水面にプカプカ浮いているだけで体動かしてないからね。体温も上がらないってもんです。それに所によっては潮の流れ道というのがあるようで、スーッと引き潮に体が流されていくところがあって、そんな流れにつかまって外海に持っていかれたら怖いし、私としてはリーフエッジまで行かなくても、もーこの辺で十分楽しめましたから、そろそろ戻りたいな~っという無言の気持ちを主人に伝える為、それまではピッタリと張り付いていた主人との距離を少しづつ離してプカプカと着いていきます。
 そんな無言の気持ちが伝わったのかどうか、「今日は外海は波が高いから、このへんで止めとこうか」と。
 「うんうん、それがいい!」と無言で返事。

a0094730_22525838.jpg やっぱり私は、温水プールのように生暖かいリーフ内で、プカ~っと浮かんでいるほうがいいな。リーフ内でもクマノミや綺麗な魚にはあえるし。

 それでも綺麗な立派な珊瑚は写真写りも良く、見栄えがいい!
 本日のベストショットかな!!  リーフエッジに一番近づいた頃に撮った珊瑚です。
a0094730_22555058.jpg


 今日の海の動画⇒http://www.youtube.com/watch?v=E9w44pzkNRQ

 
[PR]
by shirabiso | 2010-07-17 00:03 |

沖縄離島の旅(3日目)-2・・・多良間島 2010年6月25日

 島の殆どはサトウキビ畑と牛の放牧地。
 まっすぐな道とサトウキビ畑と入道雲。
 海もいいけど、沖縄の島でこんな景色を見ながらチャリンコ漕いでる時がたまらなく好きなんです。
a0094730_21244932.jpg

a0094730_21253063.jpg 牛ものんびり。
 でも酪農家の方は口蹄疫の問題で気をもんでいるんでしょうね~。

a0094730_21291639.jpg お昼を食べに集落へ戻り、今日は「食事処、東(あがり)」へ。
 集落でお昼を食べられそうなのはここと「みどりや」でそばが食べられるぐらいですかね。
 後はスーパーが2件と小さなお店が1件。フェリーが長期で欠航にならなければ菓子パンとかは購入できます。前日までに頼んでおけばお弁当を作ってくれるお店もあるみたい。でもこれは仕事で島に来ている人などが頼んでいるのかな?
 ま~、観光地ではないので食事は取り合えず飢えずに何とかなるかなって程度。

 食事処で宮古そばと、たっぷりの冷たいお茶を体内に補充し、さて再びチャリンコで島内散策に出かけます。
a0094730_21592642.jpg

a0094730_220292.jpg まずは集落から普天間港へ。
 港と言えども海の色は格別に美しい。

 アジサシが目の前を飛び回っていて、、、青い海の色と白いアジサシ。いい感じです。
a0094730_2295920.jpg

a0094730_22214616.jpg 港ではちょうど「フェリーたらまゆう」が出航するところ。
 外海は風の影響か、白波が立ってますね~。多良間に来たら小さい船で20分ぐらいで渡る水納島(みんなじま)へ行ってみたいな~と思っていたけど、こんな波では無理だわな~。
 そーいえばこのフェリーは明日から10日間ぐらい点検整備の為にドッグ入りしてしまい欠航になるのです。そーしたら多良間島と宮古島をつなぐのは39人乗りの1日2往復の小型機だけ。なんか益々孤島感が増してきますな~。

 港を後にし、海沿いに転々と。

a0094730_2224557.jpg
 島では沢山の蝶を目にすることが出来る。

 これはアオタテハモドキの雌と
a0094730_22275293.jpg
 こっちは雄らしい。
a0094730_22294880.jpg
 で、こちらはシロオビアゲハ
a0094730_223252.jpg
 その他にもリュウキュウアサギマダラや、その他にも沢山の蝶が飛んでいました。
a0094730_2240380.jpg
 で、こちらは海辺の潮溜まりで見つけたカニ。
 さすがにカニの名前は全く分かりませんです。
a0094730_22445281.jpg これは丘の草むらの中で見つけたカニ。
 予想外のところで突然目の前にいたので、チャリンコで引きそうになってしまいました。
 くりくりっとした黒い目がなんかかわいいです。


 で、最後にかわいいヤドカリのワンショット!
 ん~、今日も色んなものに出会えたな~。
a0094730_225291.jpg

[PR]
by shirabiso | 2010-07-12 22:58 |

沖縄離島の旅(3日目)-1・・・多良間島 2010年6月25日

 明け方まで降っていた雨も止み、夏の日差しが戻ってきました。
a0094730_2157738.jpg

 海に向かう前に寄った塩川御嶽(うたき)のフクギ並木。
 沖縄ならではの風景です。
 ※フクギは日本では沖縄や奄美でしか見られない常緑高木。防風林・防潮林として植栽されている。
a0094730_2155485.jpg

 さて海です。
 まずはこの多良間で一番有名(?)なビーチの「ふるさと海浜公園」へ。多良間のビーチで唯一トイレとシャワー施設があるビーチです。
a0094730_224334.jpg
 でも誰もいませんね~。
 あまり泳ぎには自信がないので、リーフ内でシュノーケリングです。
 リーフ内はさすがに珊瑚は少なめですが、でも私には十分に楽しめます。
 海中の動画⇒http://www.youtube.com/watch?v=gdrm0kFCK4A
a0094730_2215346.jpg

 これは???珊瑚なんですかね~?
a0094730_22171637.jpg

 沖縄の海ではヒトデもカラフルですね~。
a0094730_2218481.jpg

 ちょうど潮が引いているときで、珊瑚の頭が海面の上に出していたりして。
a0094730_2220829.jpg

 浅瀬でも色々なものが見れて楽しいもんです!

 続いて新空港の近くのパイヌッジ゜トゥブリへ。
 ※トゥブリとは島のことばで海への昇降口という意味。観光用の地図は空港や役場の観光課でもらえる。周囲が海に囲まれているので、地図には○○○トゥブリというのが沢山、記されている。
a0094730_22471232.jpg
 いや~、綺麗だな~。
 もちろん誰もいない。砂浜綺麗。海綺麗。青空広い。
a0094730_2250373.jpg
a0094730_22502240.jpg
 もー嬉しくなっちゃって写真をパシャパシャ撮りまくりです!
a0094730_22515599.jpg

 ちょうど干潮時で、潮が引き過ぎですかね。もうちょっと満ちていると海がもっと綺麗に写るんですけど。
a0094730_22545867.jpg

   --- 次回へつづく ---
[PR]
by shirabiso | 2010-07-09 23:01 |

沖縄離島の旅(2日目)・・・多良間島 2010年6月24日

a0094730_2127234.jpg 今日は宮古島を後にして多良間島(たらまじま)へ向かいます。本当は宮古島で2泊したかったんですが、今週末(6/26)に行われるロックフェスティバルの影響なのか、宿の予約が取れず、おまけに帰りの飛行機も6/28に帰りたかったのが予約がいっぱいで取れず、結局この先、飛行機の予約が取れた6/29までずーっと多良間滞在です。まっ、ロックフェスティバルには興味は無いので、人の少ない多良間での~んびりさせて頂きましょう。

a0094730_2129694.jpg 9時に出発したフェリー(片道2,410円)は予定より約30分遅れて11時半に多良間島へ到着。
 この写真は港に着く前にフェリーから撮った多良間島。まっ平な島。まっ平過ぎて島が良く見えませんね。
 で、今日はどんより雨模様。まっ、移動日ということもあり、休養日にさせてもらいましょうか。

a0094730_20363065.jpg 多良間での宿、「民宿丸宮」に荷物を置いた後、近くを散歩に出かける。まずは多良間神社へ。昔の郷土開拓の先駆者を祭っているようですね。
 こじんまりとしたちっちゃな神社でした。

a0094730_20473313.jpg 神社を通り過ぎ、その先の展望台へ向かいます。途中の道はこんな感じでちょっとうっそうとした森の様ですね。後日、夜にこの道を通ったんですが、、、真っ暗で、真っ暗で、真っ暗で、怖かった。。。
a0094730_20551651.jpg 島のいたるところで自生しているクワズイモ。多良間だけじゃなくて、沖縄のあちこちで見られるこの植物は、都会では観葉植物として親しまれている。普段見るのと違って、やっぱり自生しているのは生き生きしていますね。

 そして更に歩いていくと突然目の前の道を何かが動いているではないか!
 ギョっとしてよく見てみると、ヤシガニ~!
a0094730_2143452.jpg
 多良間でもお金を払ってヤシガニを見に行くツアーがあるというのに、それも夜行性のヤシガニをこんな散歩の途中で見ることが出来るなんて、私はとってもラッキー?
 ヤシガニの動画⇒http://www.youtube.com/watch?v=W13p0k6mh6M

a0094730_21202352.jpg
 そして展望台へ到着。ここは八重山遠見台公園というところ。島で一番高いところ。でも海抜32mしかありません。

a0094730_2128333.jpg この展望台の内側のらせん階段を登っていくと、なんか「ピーピーピーピー」と鳥が鳴いていて、突然らせん階段の横の壁のへっこんだ所にヒナがいて驚いてしまいました。本当に階段のすぐ横で、あまりにも近すぎてこっちが遠慮して階段の端っこを通る始末。こんなところで子育てしてるなんて。外でも親鳥と思われる鳥(ヒヨドリ)がうるさく鳴いていて、明らかに私に対する警戒音。
 そんなに鳴かなくったっていいじゃんか。私は展望台に登りたいだけなのに。。。

a0094730_21393910.jpg
 ピーピー鳴かれた先に見られた展望はこんなんです。
 どんよりした天気なんで、あまりパッとしませんね。
 海、見えてるんですけどね~。

a0094730_226383.jpg
 この後もヤギ見たりしながらぷらぷら散歩。

 はっきり言って、な~んもないですね。この島は島民の生活の場であって、観光目的で見て周るようなところは何も無いし、生活の為のスーパーはあるけど、お土産屋さんなんて何も無い。
 そのな~んも無いところが良いと思える人じゃないと耐えられないかもしれませんね。
 私は? 大丈夫です! いい島です。

 明日からは天気も回復するようなので、多良間の海です!
 楽しみ~。
[PR]
by shirabiso | 2010-07-05 22:21 |

沖縄離島の旅(1日目)・・・宮古島 2010年6月23日

 綺麗な海と、島に流れるゆっくりとした時間に触れたくて、3年ぶりに沖縄の離島を旅してきました。

 前夜、蒲田駅前のカプセルホテルに泊り、羽田06:55発の直行便で宮古島へ向かいます。私にとっては初めての宮古島。友人から宮古島の海の色は綺麗だよ~!って聞いていたので、期待大です。
 09:50に宮古島に到着。空港からレンタカーを借りて、まずは与那覇前浜ビーチへ向かいます。
a0094730_2216673.jpg
 目の前に現れたのは、こんな綺麗な海!
 海の色だけじゃなくて、真っ白で細かな砂浜が続く東洋一と言われる前浜ビーチ。美しいです!
a0094730_22335532.jpg
 すごいな~。数時間前まで東京にいたのが嘘のよう。
 この色は、本州の海では絶対見られないですよね。
 梅雨明けした沖縄ですが、観光客が本格的に訪れるのは7月8月のようで、浜辺には人影もまばら。地元の方がシーズンに備えて海の家を建設中でした。
 それにしても、この真っ白な砂浜は綺麗ですね。確かに東洋一というか世界に誇れる美しいビーチかもしれませんね。
 前浜ビーチの動画⇒http://www.youtube.com/watch?v=O1NyHj48nvs

 海でひと泳ぎした後、次に向かったのは来間島(くりまじま)の長間浜
 沢山ある宮古島周辺のビーチで、今回事前に色々調べて選んだのが先ほどの前浜とこの長間浜。
a0094730_12105873.jpg
 こちらも白い砂浜が綺麗なビーチですが、前浜ビーチと違い、トイレもシャワーも何も無い自然のままのビーチ。
a0094730_1218281.jpg
 そしてこちらはちょっと海に入ればシュノーケリングが楽しめる。
a0094730_1221885.jpg
 浜に上がればヤドカリ君達と遊べる。
 ヤドカリ君の動画⇒http://www.youtube.com/watch?v=Bl1dOYh1UNo
a0094730_12452785.jpg

 もっとゆっくりしたいところだが、宮古島滞在は今日1日だけなので、もう一箇所行ってみます。
 行き先は東平安名岬(ひがしへんなざき)。
a0094730_1393618.jpg
a0094730_1351261.jpg
 宮古島の南東に突き出た半島の先っちょ。
 200円払って灯台の上に登ると(階段96段)、絶景が広がっています。

 このエメラルドグリーンの波の色、魅惑的です。
 沖縄の海は、この透明感のある色がイイですよね。
 元々透明度の高い綺麗な海に、太陽の強い光が差し込んで、様々な表情を見せてくれるのがたまらなく好きです。
a0094730_13174868.jpg

 島内観光を終え、本日のお宿「ホテル ピースアイランド」へ。
 今回は1泊7日の格安ツアーで来ている為、今日だけは指定の宿。建物は新しく、部屋も綺麗で、なかなか快適な宿でした。

a0094730_13444398.jpg で、夜食はついていない為、外へ食べに行く。
 ガイドブック見ながら適当に選んだんですが、行ったのは古謝食堂本店(こじゃしょくどうほんてん)
 で、食べたのがワーブニ汁
a0094730_13471886.jpg このワーブニ汁、初めて食べましたが、絶品です!!
 ワーブニ汁が美味しいのか、このお店の味が美味しいのかは分かりませんが(多分、お店の出汁が美味しいんだと思う)、薄味の塩味で、ちょっととろみがあって、なんとも言えない優しい味。一口お汁を飲んだところからその優しさがジワリと体にしみ込んで来て、幸せを感じてしまうぐらいでした。
 それからもちろんオリオン生ビールも最高に美味しかったです!やっぱり沖縄で飲むならすっきりのど越しのオリオンビールがあってますね。

 さ~て、明日からは多良間島です。
[PR]
by shirabiso | 2010-07-03 15:16 |

雨の鎌倉散策

 先週末(5月23日)、友人宅へ遊びに行きがてら、久~し振りに鎌倉を散策してきました。
 天気は生憎の雨?いやいや生憎の雨ではなく、幸いの雨です。
a0094730_18282059.jpg 鎌倉はいっつも人が多いですからね~。
 鎌倉は好きなんですけど、人ごみは大嫌い!
 雨のお陰で、今日は人、少ないです~。

 なので、人気の円覚寺へ行ってみました。
 私、円覚寺、初めてかも。
a0094730_18341185.jpg 雨の境内は人影もまばらで、やっぱ静かなお寺はイイです! こんなんも静かに見れるし、、、ってコレなんですかね~?
 ゆっくり見て周って境内を後にする頃になって、幾つかの団体客とすれ違う。良かった、早めに周っておいて。

a0094730_18445586.jpg この後、源氏山・銭洗い弁天を通過し、佐助神社へ。
 地元の人の道案内はさすがです。「雨の日はこっちの道のほうがいいかな」と観光客は絶対通らないような道をつないでスイスイと。
 で、佐助神社。
 こちらも私、初めてでした。
 雨で周囲の緑も色を増し、鳥居の朱色がひときわ冴えているようです。
 こちらも人はまばら。やっぱ、この雨はラッキーです!
 そんなに大きな神社じゃないし、人が多かったら落ち着かないだろうな~。
 鳥居を通り過ぎた先にはこんな風景も。 この苔むし感がイイですよね~。
a0094730_1921810.jpg
a0094730_1935172.jpg こんなしっとりとしたお花も。
 え~と、、、この花はナンだったっけ?

 気持ちだけお金を払って飲めるインスタントコーヒーを飲みながら、の~んびりとしていても、ほとんど人、来ないです。 いいな~。


 今回は雨のお陰で、いつもは混んでいる円覚寺や佐助神社ものんびりと観れてラッキーでした。
 雨の鎌倉、ねらい目かもしれない。
[PR]
by shirabiso | 2010-05-29 19:12 |