写真で綴る、自然とのふれあい日記
by shirabiso
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


<   2007年 01月 ( 4 )   > この月の画像一覧

北八・しらびそ小屋(2)

2007/1/28

 我々の今回の予定は山には登らず「小屋周辺の雪の森を歩く」である。だから朝からすっかりくつろいでいる。朝から餅なんぞを焼いている。焦げないように小まめにひっくり返し、餅焼き職人風である。

 外は夜のうちに低気圧が通過したようで、すっかりいい天気だ。
a0094730_22323862.jpg
 10時頃、ようやく身支度を整え散歩に出かける。当たり前だが、他の登山客はとっくに出発していて誰もいない。
 まずは目の前のみどり池で遊ぶ。降雪直後のふかふか雪にダイブ!気持っちいいー!それから本沢温泉方面へ散策。分岐から10分ぐらい歩いたら天狗岳が良く見える雪原があったのでまた休憩。
a0094730_2231122.jpg

 青い空をバックに真っ白な天狗岳が素晴らしく綺麗に見える。そしてまたまた雪面にダイブ!みんな子供のように遊ぶ。

 たっぷり遊んだ後、小屋に戻り昼食。
 稲子湯への下山途中も尻セードなど遊びながら下りてきた。

 所期の目的であった「会の新人さん達に雪山の楽しさを感じてもらう」がどうだったかはみんなの表情を見ればすぐに分る。私自身もしらびそ小屋に泊れて満足な山行だった。
 やはり北八ヶ岳は良いなー。

 立ち寄り湯:稲子湯。600円 無色透明で熱いお湯。素朴な感じでお薦め。
[PR]
by shirabiso | 2007-01-28 22:27 | 山登り・温泉

北八・しらびそ小屋(1)

2007/1/27a0094730_221145.jpg

 今回の山行は北八ヶ岳のしらびそ小屋。山の頂上には登らず、雪の森を歩き、会の新人さん達に雪山の楽しさを感じてもらいたくて企画してみた。と言うより自分自身がここへ行きたかったからかな~。

 しらびそ小屋と今井さん一家がなんとも言えずホンワカと温かい。北八の森にとけ込んで、いつも優しく迎えてくれる。私にとって、ここは癒しの場所。

a0094730_2292746.jpg 朝、新宿で集合し、車一台に5名乗り込み出発。登山口の稲子湯には10時着。ゲート手前に車を停め身支度を。10時30分出発。ちらちらと雪が降っている。数日前に降雪があり、ふわふわの新雪が気持ちいい。今回は小屋泊りなので荷物も軽く、の~んびりと歩く。
a0094730_2213048.jpg
 途中軽く昼食をとり12時40分小屋着。なつかしい顔にホットする。ご主人の行雄さん、奥さんの幸子さん、息子さんの孝明さん。若奥さんの澄江さんは出産間近だそうで下界にいるそうだ。
 そして犬のキチとラッキー。
a0094730_11541422.jpga0094730_11543856.jpg

 ストーブを囲むこの旧館の雰囲気は温かいね~。
 熊笹茶を飲んだ後、新館の方へ移動。寝泊りはこちら。荷物を整理し休憩室のコタツでくつろぐ。貸し切り状態。皆はお酒を飲まないので私はひとり、にごり酒を買ってきて小屋で出してくれた野沢菜漬けをつまみに、ちびりちびりと始める。外はちょっと天気が崩れてきたようだ。雪と風が強くなってきている。「外は雪が降っていて、家の中でぬくぬくしている」この情景に、何故か郷愁を感じる。
 4時頃から夕食の準備に取り掛かる。本日の献立はほうとう。皆でワイワイやりながら作る食事は楽しい。もちろん味も上々だった。
[PR]
by shirabiso | 2007-01-27 21:26 | 山登り・温泉

北岳(3)

2007/1/2

予備日を使うこともなく無事下山。
天気が穏やかだったおかげで、全て順調にいった山行だった。
明日は何年か振りにライブで箱根駅伝が見られる。
[PR]
by shirabiso | 2007-01-02 00:11 | 山登り・温泉

北岳(2)

2007/1/1

2時半起床。星が出ている。天気は良いようだ。温かいコーヒーを飲んで目を覚ませる。朝食をとり4時出発。頂上まで標高差約1,000m、往復のコースタイムは約10時間。まー空身のピストンなので実際にはそんなに掛からないだろう。まだ真っ暗な中、ヘッドランプの明かりでトレースを追う。トレースはしっかりしているので迷うことはない。a0094730_2345433.jpg休みを殆ど取らずに急ぐ。なぜ急ぐのか。今日は元旦。初日の出が見たいからだ。何とか日の出前に樹林帯を抜け出したい!出来ればボーコンの頭まで行って、朝日に赤く染まる北岳が見たい!そんな気持ちが足を前へ前へと運ばせる。かなりのハイペース。2時間ちょっとでボーコンの頭に着いた。富士山の左の空が明るくなっている。日の出まであと少し。快晴。風が少しあり寒い。着れるものを全部着込み日の出を待つ。
6時15分、太陽が顔を出す。北岳にも陽が当たり、赤く染まり始める。美しい。かじかんで痛くなる手の指をかばいながら何枚も写真を撮る。a0094730_23483361.jpg
結局30分ぐらいここにいただろうか。前々回ここに来たときはここまでテントを持ち上げた。よくもこんな吹きっさらしの寒いところにテントを張ったものだと思う。
八本歯のコルの通過が心配だったので一応ロープは持ってきていたが、しっかりと残置ロープがあった。この辺りは岩場の回り込み方が分かりにくくノートレースだとちょっと怖いところ。トレースがありがたい。ピークまであと少し。稜線の鞍部に着く。ここは風の通り道で例年だと体が飛ばされそうな風が吹いているのだが今日は穏やか。何となく気抜けする。


a0094730_2351768.jpg
9:15北岳ピーク着。スカッと晴れ渡った気持ちの良い360度の眺めだ。

a0094730_2354746.jpg

北アルプス遠望



下山は早い。あっという間に標高を落としていく。もったいないのでたっぷり休憩を取りながら下山する。日差しも暖かく、春の山のようだ。


a0094730_083554.jpg

霞み富士



幕場4:00~ボーコンの頭6:15~北岳山頂9:15~幕場着12:30
[PR]
by shirabiso | 2007-01-01 23:40 | 山登り・温泉