写真で綴る、自然とのふれあい日記
by shirabiso
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28


<   2007年 02月 ( 2 )   > この月の画像一覧

芳ヶ平テレマークスキー(2)

2007/2/18

 午前中は昨日滑った池ノ塔へ。夜のうちに降った雪のお陰でなんかいい感じのコンディション。10cm位新雪がのっかっただけで随分変わるものだ。
a0094730_21335123.jpg
 ヒュッテで昼食を食べた後、下降。どのコースを下りるか検討した結果、同宿の10名みんな一緒に大平経由に決定。ここも昨日はカリカリで藪が出ていて全然滑れなかったそうだが、昨夜の降雪でいい感じの斜面に変わっていた。10名でワイワイやりながら滑るのも楽しいねー。
[PR]
by shirabiso | 2007-02-18 21:32 | テレマークスキー

芳ヶ平テレマークスキー(1)

2007/2/17a0094730_21295155.jpg

 草津、芳ヶ平ヒュッテ。ここ数年、雪の時期に続けて訪れている。宿のご夫婦はとても明るく、ウッディーな内装と雪原にポツンと建っている環境が気に入っている。テレマーカーにはなかなか居心地のいい宿である。

 前夜出発し、草津高原ユースホステルに深夜到着。4名朝食付でひとり5,040円。
朝、天気が心配だったが風も無くまずまずの天気。ここは風が強いとすぐにロープウェイが止まってしまう。芳ヶ平ヒュッテは予約をした場合、ロープウェイが止まろうが歩いてでも必ず行かなければならない約束になっているのだ。私としては一度歩いて登ってみたいと思っているのだが、まーリフトもロープウェイも運転しているのし、仕方がないので利用させてもらうことにする。ロープウェイ山頂駅にあるパトロール室で芳ヶ平へのツアー届けを提出。a0094730_21261039.jpg10時、簡単な注意を受けた後、もう一本リフトの乗って逢ノ峰からツアー開始。視界は良好。だが暖冬の影響で雪が硬く重たい。お釜を左に見ながら進む平らなルートではところどころ岩が露出している 今年は寄り道することなく、まずは芳ヶ平ヒュッテへ。ヒュッテ手前からは既にフロールとバードのお出迎えの遠吠えが聞こえてくる。
 11時、ヒュッテ着。新堀さん、今年もお世話になります。昼食をとった後、渋峠へ向かう。1時間の登り。ここから車道を少し南下し池ノ塔へ。雪崩が心配なので稜線上を滑り下りる事にする。このあたりは雪もいい感じだ。ちょっとしたツリーラン。自己満足的にテレマークターンを気持ち良くキメ(?)ていく。標高が下がってくるに従い雪が重たくなってくる。a0094730_21281041.jpg尾根や谷筋の左右で雪質が違ったりして、気持ち良く滑っているといきなり重たい雪に変化しブレーキが掛かったようになる。なかなか難しい。テレマークターンは奥が深いようだ。
 一度平原まで下りきった後、再び登り返す。たっぷり楽しんだ後、ヒュッテに戻る。去年ここで会ったテレマーカー仲間が今年も来るはず。再開が楽しみ。。

 ヒュッテの今日の泊り客は3組10名。直ぐに意気投合。でワインで乾杯!楽しい夜でしたー。
[PR]
by shirabiso | 2007-02-17 21:18 | テレマークスキー