写真で綴る、自然とのふれあい日記
by shirabiso
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29


<   2008年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

燕温泉(テレマークスキー08年)

a0094730_21175478.jpg3連休の最終日。
今日は関温泉の上部にある燕温泉に行って来た。妙高の登山口のひとつで、温泉街の上には閉鎖になったスキー場がある。
この元スキー場が半日ぐらい遊ぶにはちょどいいところなのです。
a0094730_21195797.jpg
柔らかい雪面にはこんなウサギの足跡も。
ポエムの世界ですねー。

a0094730_21232266.jpg
元スキー場なのでこんな光景も。
a0094730_2127142.jpg
1時間ほどかけてスキー場トップ到着。
さーて滑り出し!
誰も滑っていない斜面を滑るのは気持ち良いよねー!

a0094730_2133712.jpg
白い雪面に自分のトレースを描く。
綺麗な弧を描けるとちょっと嬉しくなる。
でも所々に大穴を開けたり、おかしな弧になったり、滑った後が全部残るのは面白い!
a0094730_21405057.jpg
標高が低いので日が当っているところはすぐに重たい雪に変わっていく。

a0094730_21425794.jpg
こっちは日陰側の斜面。
粉雪を巻き上げて気持ち良さそーな滑りですねー。
a0094730_21473953.jpg
ゲレンデ上部には雪が割れているところがあって、こんなことして遊んじゃいました。
自分ではジャンプしているつもりなんだけど、、、でもなんか只落っこちてるだけだよなー、、、
もちろん着地後は雪とお友達に。柔らかいので気持ち良いですよ。

a0094730_21523491.jpg
そして又滑る。
天気も良いし、雪も良いので、滑っては登り返し、また滑っては登り返してたっぷりと楽しませて貰いました。
はぁ~、3日間楽しかったね~。
a0094730_2212222.jpg仕上げは燕温泉の『花文』に立寄り入浴。
関温泉の赤いお湯とは違って、ここのお湯は白濁湯。
いいお湯だね~。
そしてここのお風呂は前面がガラスになっていて、燕温泉の端っこという立地条件から眺めがいい。その上に光がサンサンと入り込んでとっても明るい。
結構気に入っている!

そして偶然にもフロントで子供達の為に餅つきをしていて、『どうぞ、どうぞ』というので遠慮なく突きたてのお持ちをタラフク頂いてしまった。ひやぁ~美味しかったなぁ~。突きたてのお餅ってツルツルで本当に美味しいんですよ!食べるんじゃなくてツルって飲み込む感じ。のど越しがいいんです。

はぁ~最後の最後までいい思いをさせて貰って、関温泉はやっぱいいな~。
[PR]
by shirabiso | 2008-02-21 22:20 | テレマークスキー

妙高、三田原(テレマークスキー08年)

2008/2/10

 関温泉から車で移動し、妙高:三田原へ行って来た。
 いつもは空いている杉の原スキー場なのに、今日は3連休のせいか駐車場に入るのに30分以上の渋滞で、ゴンドラに乗るのに再び30分以上待ち。何やかやでリフトトップに着いたのは12時近くになってしまった。はぁ~すっかり遅くなってしまいました。
a0094730_2053245.jpg
 早々に準備を整えオフピステへ出発。
 ゲレンデから離れると雰囲気が一変する。
 雪がチラチラと降り続き、いい感じ。

a0094730_20565841.jpg ここは登りはじめてすぐに現れる沢のトラバース。
 雪の状態が不安定な時は、よく雪崩る危険箇所なのだが、今日は雪も安定しているので大丈夫。でも、念の為にこのような危険箇所を通過する場合は1人づつ間隔を空けていくのです。(もし雪崩た場合に事故を最小限に抑えるのと、残ったメンバーが救助活動が出来るようにするためなのですよ。)
a0094730_21232599.jpg 13時30分、三田原(ちょっと手前)着。
 今日は視界が悪く目の前の妙高山は見えないが、いつになく風もなく穏や。
 こういう日はシールを剥がしたり滑り始める準備をするのに楽ですね。 吹雪の中だと手はかじかむし、風で飛ばされないように色々抑えながら準備しないといけないので大変なのです。

a0094730_21113021.jpg
 さー出発です!
 お腹も空いたので下のブナ林までカッ飛びますよー!
 雪はパフパフ。柔らかいですねー。
 いつものように沢山転びながら沢山楽しんで降りてきました。

a0094730_21312741.jpg
 上部の広いダケカンバ帯を滑り終えるとクリスマスツリーのような針葉樹林帯に入っていきます。

a0094730_21384923.jpg 更に降りてくるとブナ林に変わる。
 最近、雪が降り続いていて、且つ気温が低いままなので、雪が木に色々な形に降り積もっていて楽しめる。
 これなんか、雪が木に抱きついているみたい。

a0094730_2145161.jpg これは重そうだよねー。
 油断してると頭の上にこんな雪の塊が落ちてくるんですよー。

 この辺まで降りてくればもー安全圏。
 という事でようやく遅いランチがとれました。

 これは下りきったところの雪風景。 き・れ・い
a0094730_21511221.jpg

a0094730_215478.jpg 今日も楽しい一日でしたー!
 みんなお疲れ様~。
[PR]
by shirabiso | 2008-02-18 22:00 | テレマークスキー

関温泉(テレマークスキー08年)

2008/2/9

今年もまた関温泉へ行って来た。
ディープパウダーで有名な関温泉。何故ここに来るかと言えばsarcがあるから。
久我さんや、マーシーがいるので。
で、まずは腹ごしらえ。
a0094730_2034689.jpg
これは関温泉スキー場内にあるお店で出している豚汁セット。
豚汁も美味しいけど、やっぱりこの巨大おにぎりが魅力ですね。満足満足。

で、午後からsarcの講習を受けてきました。
a0094730_20175178.jpg
深雪でも楽に滑れるような滑りを目指して色々講習してくれるのですが、そんなすぐにマスターできるもんじゃないですよね。
でも教えてくれたことは時間を掛けて消化していくのです。
去年教えてくれたことも少しは出来るようになったつもり、、、です。

講習の後半は、オフピステへ実践講習。
a0094730_20223215.jpg
うまくは滑れなかったけど、やっぱり人工のゲレンデよりは自然の中へ出たほうが気持ちいいですよね~。
[PR]
by shirabiso | 2008-02-16 20:28 | テレマークスキー

会津駒(テレマークスキー08年)

2008/1/27

a0094730_2133131.jpg昨年に続き、今年も会津駒へ行って来た。
雪の量は少なめだったが、直前にそこそこの量が降ったので良い感じだろうか。

8時20分に登山口を出発

a0094730_2136897.jpg昨年と違って今年は誰も登っていない。という事はラッセルしなくちゃいけないんじゃん。
はぁ~、大変だに~。

a0094730_2139528.jpg交代でトップを代わりつつラッセル登りが続く。
雪が少し重たくて、太腿がすぐにアップアップになってしまう。
結構冷え込んでいるのに、トップで雪と格闘していると息が上がり汗が出てくる。
ゼーゼーハーハー息を切らしてトップ交代。
列の最後尾に回り息を整える。
ハァ~、後ろから着いて行くのは楽だよね~!
a0094730_21493228.jpg

更に登りは続く。

雪は降り続き、ブナの森に溶け込んでいく。

a0094730_2154979.jpg柔らかな雪とブナ。

ラッセル登りは辛いけど、こんな景色が見られるのはとても気持ちを和ませる。

ブナ、いいよな~。
ラッセルで時間がかかった為、1,650m付近でタイムアップ。
12:30、ここで登り終了。

さてお楽しみの下りです。a0094730_2202697.jpg


登っているときは、ちょっと重たい雪だと思っていたのに滑り始めたらこの顔面パウダー!

スッゴーイ!
感動ものの滑りです。

a0094730_2215276.jpg

バフバフのパウダーに皆、興奮状態!

楽しいね~。

a0094730_22191911.jpg
こんなにパウダーなんですよ!
んん?
これは滑ってない?
泳いでるの?
お風呂に入ってる?

まーとにかく雪とお友達になっていることには変わりはないのです。
気持ちよさそー!?
[PR]
by shirabiso | 2008-02-06 22:36 | テレマークスキー