写真で綴る、自然とのふれあい日記
by shirabiso
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


<   2008年 12月 ( 1 )   > この月の画像一覧

西穂高(08/12/20-21)

 何やかやと用事があって暫く山に出かけられなかったが、ようやく10月の越後駒以来の山登り。
 季節は秋から冬へと移り変わっておりました。

 今回は会の新しい人達に雪山の楽しいところを体験して貰いたくって、初心者でも手軽に登れる西穂高山荘へ。
 まずは新穂高ロープウェイで標高2,156mまで。ここから西穂山荘までは約1時間30分。
 身支度を整え雪道を歩き始めます。
 暫くすると、西穂高岳が見えてきます。
 でも今回の目指すピークは西穂高岳ではなくて、その手前の独標。まーそれも天気が良ければの話しですが。
a0094730_17385333.jpg

 そして大きな谷を挟んで西側には笠ケ岳の勇姿が見えます。
 雪の時期に何度もここを訪れていますが、間じかに見える雪の笠ケ岳はいつもカッコいいんです。
a0094730_17483064.jpg

 西穂山荘にテントを張って、2,452mの見晴らしの良い丘のようなピークまで散歩に出掛けました。
a0094730_1801963.jpg

 天気予報では明日は天気が崩れ始めるよう。今日のこの快晴の内にしっかりと眺望を楽しんでおかないと。
 遠くに三又蓮華岳方面の山並みが見えます。
a0094730_1845221.jpg

 しっかりと眺望を楽しんだ後はテントに戻って宴の準備。山の上とは思えないような料理と、それからクリスマス&誕生日パーティーでなんとケーキが3種類も! すごい!!
a0094730_1893889.jpg


 翌日は、天気予報通りに曇り。朝起きた時は真っ白なガスに包まれていて視界不良。って事で独標行きは即座に取り止めて、テント場付近で雪遊びに切り替え。
 ラッセルしたり、滑って遊んだり、滑落停止の真似事もちょこっと練習したり、、、で、少し視界が良くなったので再び眺望の良いところまで。
 ガスの掛かった西穂の姿も良いもんです。
a0094730_18173138.jpg

 下りはあっという間。再びロープウェイを使って新穂高温泉へ。
 ここはロープウェイが使えるので、本当に楽だね。
 『雪山』って言うだけで怖いイメージをもたれてしまうけど、場所と登り方を選べば雪山も楽しいもんなんですけどね。もちろん、天候によって無理をしないことが前提ですが。
[PR]
by shirabiso | 2008-12-23 18:30 | 山登り・温泉