写真で綴る、自然とのふれあい日記
by shirabiso
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31


<   2009年 05月 ( 9 )   > この月の画像一覧

梅雨間近の庭風景

 季節はどんどん移り変わってゆき、春から間のなく梅雨へと変わってゆこうとしています。
 庭の植物も元気いっぱいで、ちょっと週末に山へ出かけていると、もー凄いことになっています。
 今日は雨の中、草むしりに大忙しです。
 でもちょっと手を休めて写真撮影。

 ドクダミもこうやって見ると綺麗なんですけど、、、
 ほったらかして置くと庭中がドクダミだらけになってしまいそうなほどの生命力。
 おまけに手でむしると、独特の匂いが手に付いてしまい、、、臭ぁ、、、
a0094730_1634966.jpg

 こちらはカシワバアジサイ。
 柏のような葉っぱをした紫陽花で、真っ白な花(正確には花ではなくて額ですが)が清楚な感じですね。
a0094730_1691927.jpg

 セダムの仲間です。
 多肉植物でサボテンに近い植物。
 これもむちゃくちゃ丈夫で、勝手にどんどん増殖していきます。
 雨粒が乗っかっ可愛いですね。
a0094730_16153958.jpg

 ふぅ~、雨の中、草むしり労働はこの後もまだまだ続くのでした。
[PR]
by shirabiso | 2009-05-31 16:20 | 庭の花

編笠山(09/05/23-24)

 久し振りのテント山行。
 久し振りの南八ヶ岳です。

a0094730_2154345.jpg 小淵沢の駅からタクシーに乗り観音平の登山口へ。そこからえっちらおっちら登っていくと約3時間ほどで見晴らしのよい編笠山へ到着します。

a0094730_21151769.jpg 南側には釜無川を挟んで南アルプスの山並みも見えています。

 ここからちょっと下ると本日のテント場、青年小屋へ到着。
 今回はなんとテント5張という大所帯。テント泊デビューの方も含めて、すごい人数です。
 広くて空いているテント場だったのでよかったけど、混んでいるところだったら迷惑な団体でしょうね。

a0094730_2127239.jpg
 翌日は朝から雨模様。
 予定していた権現岳へは登らず、西岳経由で下山することに。

a0094730_2130091.jpg
 途中のこのしっとりとした森の風景は、北八ヶ岳を連想させます。
 雨に濡れて、苔むした感じがいっそう引き立ちます。

a0094730_21324865.jpg
 この枝に絡まっているようなものはサルオガセという苔のような地衣類。
 なんとなく原生林の雰囲気を漂わせますね。
 で、八ヶ岳に多いカラマツ。
 そのカラマツの若葉に雨の水玉が乗っかっています。
a0094730_2136987.jpg

 カラマツは黄金色に輝く紅葉も綺麗ですが、新緑もいいんです!
a0094730_21392670.jpg

 ブナなのど広葉樹の森とはまた一味違った針葉樹の森。どちらもいいですね。
 しっとりと雨に濡れた森の中、落ち着いた気持ちになれました。
[PR]
by shirabiso | 2009-05-29 21:49 | 山登り・温泉

新緑のブナの森(2)

2009/5/17

 二日目、朝から雨が降っています。
 雨に濡れた木々は、緑の色が鮮やかになって、とてもみずみずしく、しっとりと綺麗に見えます。
 まずは宿の周りの森を散策です。
 下草に見えるのは全部ブナの赤ちゃん。こんなにも沢山の幼木が一斉に生えてるのは凄いです。
a0094730_2142251.jpg

 集落のすぐ近くにこんな綺麗なブナの森があるなんて、ちょっと感動してしまいます。
a0094730_2192855.jpg

 雨に濡れたブナの幹が黒光りして、なんだかブロンズ像のよう。
 昨日の森もそうでしたが、この地域のブナはどれも健全に生育しているし、世代交代の若木も育っているし、環境がブナの生育にあっているんでしょうね。
 いい森です。
a0094730_2116194.jpg

 ちょっと足を延ばして近くの集落まで行ってみました。
 『蛍の田んぼ』、いいですよね。
 今度はそんな時期にも訪れてみたいものです。
a0094730_21185615.jpg


 依然として雨が降っていたのでブナの森に満喫した後はドライブがてら新潟県十日町へ棚田を見に行ってきました。
 ここは一度訪れてみたいを思っていたところで、棚田の風景が有名なところ。
a0094730_21253544.jpg

 想像していた以上に綺麗な風景にびっくり。
 日本の原風景とのうたい文句があるようなのですが、見ていると確かになんか落ち着きます。
 でも日本の原風景というより、最初に感じたのは『アジアだな~!』って。
 『東南アジアの原風景』ですね。
a0094730_2131498.jpg

 若葉の優しい緑に囲まれて、とっても癒された2日間でした。
 やっぱり森はいいな~。
[PR]
by shirabiso | 2009-05-26 21:35 | 山登り・温泉

新緑のブナの森(1)

2009/5/16

 若葉が芽吹いたばかりの森は、無条件に美しいと思う。
 緑の色が柔らかくて、その若葉を透かして光がこもれている。
 明るくて柔らかい緑の世界は、人の心にやさしい。
a0094730_21324583.jpg

 ブナ好きな仲間と鍋倉山を訪れた。
a0094730_21365248.jpg

 今年はとにかく雪が少なくって、例年だとまだまだ森の中には残雪がたっぷりと残っているはずなのに、今年は2週間ぐらい雪解けが早いらしい。
 巨木の森までのルートはすっかり雪が解けていました。
a0094730_21381813.jpg

 ズッドーンとまっすぐに伸びているブナの巨木。
 ここの森のブナは、とても若々しくて、そしてとても健康的に生育していて圧倒されます。
a0094730_2142229.jpg

 足元には次の世代へつながるブナの赤ちゃんも育っていました。
 これで5年目ぐらいってとこでしょうか。
a0094730_21445021.jpg

 そしてブナの森によく生えているオオカメノキも。
 ここはいい森です。
a0094730_2147668.jpg

[PR]
by shirabiso | 2009-05-22 21:48 | 山登り・温泉

春、緑萌える。

2009/5/9

 初夏のような陽気に、庭の植物も元気いっぱいに華やいでます。

 ということで、写真を数枚。
a0094730_2150126.jpg
a0094730_21501324.jpg
a0094730_2150209.jpg
a0094730_21502943.jpg
a0094730_21503747.jpg
a0094730_2150458.jpg
a0094730_21505341.jpg

[PR]
by shirabiso | 2009-05-12 21:51 | 庭の花

月山・鳥海(09年GW):4日目

2009/05/05

 いよいよ今回の遠征のメインイベント、鳥海山山頂からの祓川(はらいがわ)大斜面の滑降です。
 朝、コテージ前から鳥海山がよーく見えています。
a0094730_16181792.jpg

 8時、祓川の登山口から見上げた鳥海山。
 ここまで来ると、空気も澄んで、空の青さが違いますね。
a0094730_16244721.jpg

 準備を整え、頂上めざして登り始めます。
a0094730_16264712.jpg

a0094730_162741.jpg
 暑いです!
 暑い時には暑い地方の飲み物がうまい!
 (旅するさんぴん茶と私のテレ板:K2 SUPER STINX)
 休憩も入れ、4時間弱で頂上到着。
 作ってきたおにぎりで腹ごしらえをした後、いよいよ大斜面の滑降です!
 ちょうどこの時は我々以外のテレマーカーの集団も滑り出そうとしていて、大ギャラリーが見守る中での滑降。
 ちょっと緊張しちゃいます。
a0094730_16311732.jpg

a0094730_1639256.jpg
 昨夜、念入りにワックスを塗りこんだおかげで、板の滑りは絶好調!

 あっという間に(転げ落ちるように、、、)頂上直下の急な大斜面を滑り降りていきます。
a0094730_16423968.jpg

 まだまだ続く広々とした斜面。
 標高も落ち傾斜もやや緩くなってきた斜面を思い思いに滑っていきます。
a0094730_16464837.jpg

 やっぱりこの山はステキです。
 鳥海、大好きです!
a0094730_16491480.jpg

 鳥海・月山はもう何度も訪れていますが、何度訪れても良い山です。
 美味しい海の幸もあるし、山もいいし、森もいいし、お酒も美味しいし、、、
 はぁ~、あっという間の充実したGWでした。
 (※翌日はさしたる渋滞にもはまらず、帰京。満足満足。)
[PR]
by shirabiso | 2009-05-10 16:58 | テレマークスキー

月山・鳥海(09年GW):3日目

2009/05/04

 今日・明日の天気を見比べて、快晴が見込める明日に頂上を目指し、今日は下部のブナ林を滑ることに。
a0094730_1452034.jpg 昨年のGW、あまりにも綺麗な新緑に誘われてソロリと滑ってみたブナの森。その時にもっと下まで滑れそうな感じだったので、今年は昨年の倍ぐらいの標高差のルートに挑戦してみることに。
 はてさて、無事に目的の地点まで滑り降りれるのでしょうか?
a0094730_14202056.jpg 車1台を下降点付近にデポし、祓川(はらいがわ)の駐車場少し手前からスタートする。
 
 適度な間隔を保ったブナの木々の間を快適に滑り出す。
a0094730_1423830.jpg
 開放的な大斜面をかっ飛ばすのもいいが、林間を滑るのも味わいがあってとっても好きです。
a0094730_14261271.jpg

 残念ながら今年はまだブナだけではなく、全ての木々の新緑が芽吹いておらず、あと1週間後ぐらいかな~って感じです。
 今年が遅いのか、去年がたまたまラッキーだったのか? さてどっちなんでしょうか?
a0094730_14324387.jpg
 新緑もお預けで、空も曇りですが、それでもブナの木々に囲まれて滑るのは気持ちが良いです。

 GPSを頼りに、あっちだ・こっちだとルートを探りながら滑り降りていきます。
 細かい沢も出てくるので、慎重に降りていかないと下部で沢を渡れなくなってしまいますからね。
a0094730_14403354.jpg
 段々と木々の間隔も狭まり、滑るというより藪漕ぎのようになってきます。
 最後は林道手前で急斜面に阻まれ、スキーを脱いで枝につかまりながらの下降。

 何とか無事降りてくることが出来ました。
a0094730_1446538.jpg
 ここから車をデポしてあるところまでは、除雪されていない林道を約1kmほど歩きます。

 道端にはフキノトウが。。。
 お・い・し・そ・う。。。
 もちろん晩のおかずに。。。

a0094730_14501743.jpg
 今夜のメニューはブイヤベース!
 昨夜の手巻き寿司も美味しかったけど、今夜も絶品!
 滑るのも楽しいけど、コテージ泊でみんなでワイワイやりながらの食事も気兼ねが無く楽しいものです。
 いや~、今夜も飲みすぎてしまいます~。

a0094730_14582927.jpg
 そしてメンバーの中で誕生日の方がいたので、手作りケーキの登場。(年齢とローソクの数はまったく関係がありません。)
 写真では綺麗に見えるのですが、、、
 完成予想図はもっと違った形だったらしい、、、(味はおいしかった)
[PR]
by shirabiso | 2009-05-10 15:06 | テレマークスキー

月山・鳥海(09年GW):2日目

2009/05/03

a0094730_12355658.jpg 今日の天気はうす曇り。昨日、快晴の元、頂上まで登った仲間達はみんな真っ赤に日焼けしています。

 出だしは頂上付近もまだ見えていたんですが、、、
 (登る分にはうす曇りの方が暑くなくて快適です。)

a0094730_12395674.jpg 登っている途中でもうガスが掛かってきてしまいました。
 まー頂上手前は岩が露出していたりして滑る対象の斜面ではないので、あっさりと登頂はパス。
 ガスとの境界線ぐらいの急登手前までの斜面で遊ぶことにします。

a0094730_1248524.jpg
 なので出だしはこんなガスの中から。
a0094730_12513248.jpg
 下の方の雪は重たくて粘りつくような雪ですが、この辺りの雪は快適!
a0094730_1252479.jpg
 斜度も手頃でみんな快調です。

 月山はこのなだらかな斜面がいいですね。
 なんとも優しさがあります。
a0094730_1255593.jpg
a0094730_1322062.jpg
 下部まで滑り、
 もう1本登り返して又滑り、
 マッタリと月山を楽しみました。

a0094730_1362980.jpg
 昼まで滑り、次の目的地である鳥海山へ移動。
 宿は祓川(はらいがわ)側なので海沿いを移動です。
 と言うことはこんな美味しいもの(岩ガキ1個350円。おいひ~でふ!)が食べれたり、

a0094730_13123410.jpg こんな海の幸をいっぱい買い込んだりしながらの移動。
 もちろんお酒も沢山買い込んで、明日からの鳥海山に英気を養うのでした。

 はぁ~、おいしかった~。
[PR]
by shirabiso | 2009-05-10 13:20 | テレマークスキー

月山・鳥海(09年GW):1日目

2009/05/02

a0094730_16474738.jpg 今年もGWを利用してテレマークスキー東北遠征。
 行き先は月山・鳥海。

 スキーなのに何故か海の写真。それは東北道の大渋滞を避けて日本海を北上したから。
 前夜、都内を22時に出発し、関越道が渋滞する前に関東を通過し塩沢石打SAで仮眠。翌朝、関越道・北陸道・日本海東北道を通り中条ICまで。
 その後は海沿いの一般道をドライブ。

a0094730_1658136.jpg こんな気持ちの良い海を見ながらのドライブは最高です。

 初日を移動日にあてて正解です。
a0094730_1725663.jpg
 こんなもん食べたり、

a0094730_174426.jpg
 こんなもんも食べたり、
 寄り道しながら、楽しみながら、鶴岡まで海沿いを北上。

a0094730_176752.jpg
 ようやく、遠くに目指す月山が見えてきました。

 海から山へ。
 なんかいいです。
a0094730_1773947.jpg
 更に酒屋でおいしいお酒を買い込み、『月山』で芥川賞を受賞した森敦が居候していた注連寺に寄り道し、

a0094730_17183349.jpg
 よーやく本日のお宿、月山スキー場近くの『えびすや山荘』に到着です。

a0094730_17201411.jpg
 ここで、仲間と合流。

 まだ時間があったので、宿の裏斜面を軽~く1本滑って本日は終了。
[PR]
by shirabiso | 2009-05-09 17:23 | テレマークスキー