写真で綴る、自然とのふれあい日記
by shirabiso
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31


<   2009年 07月 ( 6 )   > この月の画像一覧

苗場で出会った花・木

2009/7/11-12

a0094730_21214864.jpg
エゾノヨツバムグラ
蝦夷の四葉葎
アカネ科
ヤエムグラ属
a0094730_21224676.jpg
シラビソ
白檜曽
マツ科
モミ属
a0094730_2123577.jpg
イワハゼ(アカモノ)
岩黄櫨
ツツジ科
シラタマノキ属
a0094730_21244185.jpg
ベニサラサドウダン
紅更沙満天星
ツツジ科
ドウダンツツジ属
a0094730_21254476.jpg
ヒメシャクナゲ
姫石楠花
ツツジ科
ヒメシャクナゲ属
a0094730_21263320.jpg
ショウジョウバカマ
猩猩袴
ユリ科
ショウジョウバカマ属

番外編(十日町にて)
a0094730_2128286.jpg
ミヤマクワガタ
[PR]
by shirabiso | 2009-07-29 21:29 | 高山植物

苗場とホタルと棚田(09/07/11-12)

梅雨時なので、山登りというより『雨の森』を歩きたくって苗場山方面へ出かけてみた。
行き先は苗場山の秋山郷側山麓。

a0094730_1320447.jpg ここには以前、まだ雪の残る6月に一度だけ来た事がある。その時は雪が多すぎて頂上までたどり着けなかったんだけど、でも途中の森がとても素敵だった印象があり、再び訪れる機会を狙っていた。
 今回は雪もすっかりなくなった7月。どんなふうになっているのかとても楽しみ。

 まずは秘境とよばれる秋山郷へのくねくねした道をひた走り、小赤沢3合目駐車場へとたどり着く。
 トイレもある広い駐車場である。

 8:45、出発。
 登山口付近がすでにいい感じの森です。
 天気は曇り。なかなか思ったように雨は降ってくれないものです。
 でもガスがかかったブナの森が幻想的に迎えてくれて、気分は◎です。
a0094730_13333768.jpg

a0094730_1340444.jpg ブナなどの広葉樹だけでなく、シラビソなどの針葉樹も現れます。
 白く立ち込めるガスが、やっぱりいい感じです。
 こーゆー森の中を歩くのが、私はとっても好きなんです。
 でも、、、足元はぬかるみが多くて、上ばかり見ているととっても危険。こんなところで転んで泥んこにはなりたくないです。それとこの時期の厄介者は、身体の周りをしつこく飛び回る虫。ほおって置くと刺されて赤く大きく腫れてしまうし、防虫スプレーなども色々やってみるけど、いまいち効果が現れないんだよなー。最近は扇子を購入して暑さしのぎと虫除けを兼ねてバタバタばたばたと扇ぎまくっています。

 当初の目的は『雨の森歩き』だったんだけど、同行者が苗場山に登ったことがないと言う事で、足を延ばして頂上を目指すことにしました。

 森を抜け、急登を登り切ると突然感動的に現れる高層湿原。
 ここは9合目の湿原です。
a0094730_13543385.jpg
a0094730_1357348.jpg 緑がとっても健康的で優しいいい色です。地塘の水と相まって、湿原って癒し系ですよね。
 ワタスゲ・ヒメシャクナゲ・タテヤマリンドウやチングルマなどが咲いていて目を楽しませてくれます。

a0094730_144333.jpg 湿原に咲く花だけでなくウラジロヨウラクの花なども咲いていて、森とはまた違った高層湿原がもっている開放的な爽やかさが広がっていて、我々はもーウキウキと気持ち晴々なのです。
 それと秋山郷側から登ると、そのアクセスの不便さからか登山者が少なく、よりいっそう自然を楽しめるのがいいなーと思います。
 霧が立ち込めて幻想的になったり、さーっと流れていって視界が急に広がったりと、同じところに居ても次から次へと景色が変わり飽きることがありません。
a0094730_14122872.jpg
 念願の苗場山頂にも登頂し、大満足のうちに14時半下山。

 さて今回は山だけでは終わらない。。。

a0094730_17114280.jpg ホタルと棚田を見に十日町へ移動。
 途中、今年の5月に偶然見つけた可愛い棚田にも寄ってみた。
 あの時は田んぼに水が張ってある田植え時期。
 その苗も随分育って緑が濃くなり景色も様変わりしている。

 そして本日のお宿は松之山温泉の自炊宿。
 早めに夕食を済ませ、いざホタル観賞へ。
 と勇んで宿を出ようとしたら、宿のおやじさんが『先週までは観られたようだけど、もー遅いんじゃないかなー』とがっかりする様な事をノタマワレル。
 そんな地元の方からの悲観的なご意見を聞いても我々は意に介さず、あくまでも『我々はホタルを観られる!ホタルを観にきたんだから。』と何の根拠もなく前向きに物事を考える。
 事前に調べておいたホタルが観られそうなポイントから更に根拠も無く絞り込んだ所へと車を走らせる。

 ホタルが発光する時間帯は20時から21時だそうだ。そして周囲に明かりがあってはならないらしい。
 目的地が近づき、そろりそろりと車を徐行させながら周囲の様子を伺う。
 真っ暗な川沿いの集落。いい感じである。が、よーく見てみると小さな川ながら護岸工事が施されている。これではホタルは生息できない。時間もそろそろ20時になろうとしているが、ホタルの光はまったく観られない。ん~ん、どうしよう。と、ここで一本、山の方へ上っていく道を見て閃いた。横には田んぼがあったので当然上部には水路となる川があるだろうと。(暗くて見えないが)
 そしてソロソロと徐行して登っていくと周囲を見張っていた相棒が『アッ!』っと一言。
 みんな車を飛び出し暗闇に目を向けると、ポッとした小さな光がフワフワと揺れるように飛んでいるのが観える。おおっ~、ホタルだ~!自然界の生ホタルだ~!皆、感動。
 最初は一匹だったホタルの光も、徐々にその数が増えていく。(写真に撮れないのが残念)
 よく見えないが、奥のほうに川があるようで、その周辺にユラユラとホタルの光が揺れて飛んでいる。こちら方まで飛んでくるものもいて、手が届きそうな位まで近づいてくるホタルも。
 気が付かなかったが、道路の反対側にも小川があるようで、こちらにも結構な数のホタルの光が輝いて見える。その点滅が同調するようにいっせいに光ったり消えたり。おおっ、これって何かで読んだ事があるぞー!
 皆、生ホタルに感激! やー来て良かったなーとシミジミ。
 そんなホタルも20時半を過ぎると徐々にその光の数も減りはじめ、21時が近づくと殆ど見えなくなってしまった。不思議ですねー。どうやって時間が分かるんでしょうかねー?

a0094730_19105719.jpg 翌日は近くの『美人林』へ向かう。
 その途中の松之山集落の風景。

 なんか素敵だよなー。
 住む人にとっては大変なことが多いんだろうけど、、、

 そして『美人林』到着。
 ここはスラリとしたブナが立ち並ぶ、確かに美人林の名にふさわしい美しいブナ林です。
a0094730_1924479.jpg
 近くの駐車場に車を停め、林の中を散策。
 あっという間に周れてしまうぐらいの小さな林ですが、人の少ない時期に来れば、気持ちの良いところ。
 結構、気に入りました。
a0094730_19275850.jpg
 そして棚田を見に、星峠へ。
 ここも5月に来たときから苗が随分成長して、緑の棚田に様変わり。
 でもこれはこれでいいですねー。
a0094730_19304866.jpg
a0094730_19311563.jpg この旅の最後は天水越のブナ林を見に。でも結果的には場所がよく分からなくって大厳寺高原の散策道へ。
 散策道といって馬鹿にしてはいけない。
 結構、見事なブナが見れるし、こんな不恰好でおかしなブナもちょっとやそっとでは見られないと思う。

a0094730_194598.jpg そして、偶然見つけたクワガタムシ。
 こんな立派なクワガタ、見たことないです。
 すっげー、これはもしかして何万円もするようなクワガタ?と興奮してしまったが、後で調べたら1ペアで2,000円位らしい。
 でも初めて見た立派なクワガタは、私達にとってはとても価値のあるものでした。
 (名前はミヤマクワガタでした)

 1泊2日の短い旅でしたが、なんかとーっても印象に残った旅。
 日本にもまだまだ知らない良い所があるんだなーって。
 そして一緒に周ったメンバーとも色々な話が出来てとても有意義な時間が持てた旅でした。
[PR]
by shirabiso | 2009-07-26 14:41 |

火打で出会った花(2)

2009/7/4-5

a0094730_15234386.jpg
ハクサンコザクラ
白山小桜
サクラソウ科
サクラソウ属
a0094730_15221724.jpg
ベニバナイチヤクソウ
紅花一薬草
イチヤクソウ科
イチヤクソウ属
a0094730_15251397.jpg
ヨツバシオガマ
四葉塩竃
ゴマノハグサ科
シオガマギク属
a0094730_1526395.jpg
コケモモ
苔桃
ツツジ科
スノキ属
a0094730_1528538.jpg
マイヅルソウ
舞鶴草
ユリ科
マイヅルソウ属
a0094730_15291039.jpg
ミヤマカラマツ
唐松草
キンポウゲ科
カラマツソウ属
a0094730_153031.jpg
ヤマオダマキ
山荢環
キンポウゲ科
オダマキ属
a0094730_1531030.jpg
ミヤマキンポウゲ
深山金鳳花
キンポウゲ科
キンポウゲ゙属
a0094730_15322226.jpg
ミヤマタンポポ
深山蒲公英
キク科
タンポポ属
a0094730_15332689.jpg
ツマトリソウ
褄取草
サクラソウ科
ツマトリソウ属
a0094730_15342298.jpg
クモマニガナ
雲間苦菜
キク科
ニガナ属
a0094730_15352362.jpg
ミヤマツボスミレ
深山坪菫
スミレ科
スミレ属
a0094730_15362927.jpg
ワタスゲ
綿菅
カヤツリグサ科
ワタスゲ属
a0094730_15373466.jpg
コミヤマカタバミ
小深山酸漿草
カタバミ科
カタバミ属
[PR]
by shirabiso | 2009-07-25 15:39 | 高山植物

火打で出会った花(1)

2009/7/4-5

a0094730_219429.jpg
サンカヨウ
山荷葉
メギ科
サンカヨウ属
a0094730_21113861.jpg
エンレイソウ
延齢草
ユリ科
エンレイソウ属
a0094730_2112257.jpg
ベニバナイチゴ
紅花苺
バラ科
キイチゴ属
a0094730_21142972.jpg
スダヤクシュ
喘息薬種
ユキノシタ科
スダヤクシュ属
a0094730_21152965.jpg
ナナカマド
七竈
バラ科
ナナカマド属
a0094730_21165545.jpg
オオバミゾホオズキ
大葉溝酸漿
ゴマノハグサ科
ミゾホオズキ属
a0094730_21181396.jpg
タカネザクラ
高嶺桜
バラ科
サクラ属
a0094730_21191655.jpg
ノウゴウイチゴ
能郷苺
バラ科
オランダイチゴ属

a0094730_21193550.jpg
ミヤマキンバイ
深山金梅
バラ科
キジムシロ属
a0094730_21212552.jpg
キヌガサソウ
衣笠草
ユリ科
キヌガサソウ属
a0094730_21221895.jpg
イワイチョウ
岩銀杏
ミソガシワ科
イワイチョウ属
a0094730_21231315.jpg
コイワカガミ
小岩鏡
イワウメ科
イワカガミ属
a0094730_21241099.jpg
ハクサンチドリ
白山千鳥
ラン科
ハクサンチドリ属
a0094730_21253767.jpg
モミジカラマツ
紅葉唐松
キンポウゲ科
モミジカラマツ属
[PR]
by shirabiso | 2009-07-24 21:27 | 高山植物

火打山(09/07/4-5):2日目

a0094730_16395561.jpg 昨日夕方から降っていた雨も明け方には止み、スカッと青空が広がっています。

 梅雨時でも結構晴れることが多いものです。

a0094730_16432138.jpg そしてこの梅雨時は高山植物が綺麗な時期でもあるのです。

 朝露に濡れたハクサンコザクラ。
 きれいですね。

 6時前、頂上目指して出発。
 すぐに楽園のような『天狗の庭』が現れます。 地塘と火打山。
 もー朝からすがすがし過ぎです!
a0094730_16465317.jpg
a0094730_16515324.jpg

a0094730_16531130.jpg
 天狗の庭を通り過ぎ、標高を上げていくと背後に妙高山が見えてきます。

 でも今回は妙高へは行かずに火打山のみ。

a0094730_16592577.jpg
 7時半、火打山到着。
 目の前には焼山も見えています。

 山頂からの眺めにまったり。

a0094730_17112661.jpg
 のんびりとした後は、来た道を戻ります。

 『天狗の庭』の地塘を上から見るとこんな感じ。
 地塘の模様がおもしろいですねー。

a0094730_1716114.jpg
 一面に広がるハクサンコザクラ。
 残雪の白と合ってますねー。

a0094730_17243079.jpg

 高谷池ヒュッテに戻り、テントを撤収した後、下山は黒沢池経由で帰ります。

 こちらの湿原もワタスゲが咲いている気持ちの良いところ。

 今年も高山植物がいっぱい見れたし、
 美味しい料理も食べれたし、
 満足な火打山登山でした。
[PR]
by shirabiso | 2009-07-18 18:04 | 山登り・温泉

火打山(09/07/4-5):1日目

今年もハクサンコザクラを見に、火打山へ行ってきました。

a0094730_21111673.jpg 笹ヶ峰の駐車場からすぐに広葉樹の森に入ります。
 ブナの巨木が立ち並び、緑鮮やかな気持ちのいい登山道です。

 でもこのこの時期は虫が多くって困ります。

a0094730_21172532.jpg ほおっておくとあちこち刺されて大変なことになってしまうので、扇子で追っ払ったり、虫除けスプレーで防虫したりと忙しいのです。

 標高を上げていくと広葉樹の森から針葉樹の森に変わっていきます。

a0094730_21194261.jpg
 足元に高山植物が多く見られるようになってくると小屋も近い。

a0094730_21212572.jpg
 登山道から高谷池ヒュッテの三角屋根が見えてきました。

a0094730_2124264.jpg
 14時、ヒュッテに到着。

 ここは目の前に湿原があって、気持ちの良いロケーションです。

a0094730_21292473.jpg
 そして目的のハクサンコザクラが。。。

 なんとも愛くるしい花です。

a0094730_21304470.jpg
 そしてテントを張って本日の行動は終了。

 美味しい料理と気持ちの良い景色で、まったりとした時間を楽しみました。
[PR]
by shirabiso | 2009-07-17 21:34 | 山登り・温泉