写真で綴る、自然とのふれあい日記
by shirabiso
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28


<   2010年 02月 ( 4 )   > この月の画像一覧

上高地(2010/2/7)

 今年もまた上高地へ行ってきました。
a0094730_114195.jpg

 土曜日が休めない友人の為に、今回は夜行日帰り。
 でも結果的に日帰りで良かったようです。
 土曜日は酷く荒れた天気で、前が良く見えないぐらい吹雪いていたとタクシーの運転手が言っておりました。
 前夜のうちに沢渡第二駐車場(トイレ利用可)まで入って、車中で仮眠。
 予約していたタクシーに5時半に乗り込み釜トンネルまで。
 料金は2,900円なり。仮説トイレあり。
 釜トンネルは以前は照明が点灯していたのですが、最近は消灯しているようで、歩くにはかなり暗い。
 ヘッドランプを付け出発です。

 今日は天気は良いはずなのですが、、、トンネル出口では雪。
 でも晴れだけが良い天気と言うことではなく、これはこれで良い天気?
a0094730_1185167.jpg

 雪は降っているものの、風が無いので助かります。
 30分ほどで大正池のほとりに着きます。
a0094730_11265426.jpg

 雪が静かに積もった梓川です。
a0094730_1127382.jpg

 ここから目指す河童橋までは、いつもながらあまり人が通らない裏ルートで進みます。
 ですが、昨日の荒れた天気のお陰で、この裏ルート、ラッセルになってしまいました。
 はぁ~、今回もまたラッセルか~。
 でも今回は荷物も軽いし、まっいいか~。
 のんびりと柔らかい雪景色を眺めながらの散策です。
a0094730_11335991.jpg

 梓川は相変わらず綺麗ですね~。
 陽がさすと景色が一変しますね。
a0094730_11345947.jpg

 天気はかなり回復して青空も広がってきたのですが、残念ながら前穂高・奥穂高までは望むことは出来ませんでした。それでもやっぱり上高地は綺麗です。
 帰路は帝国ホテル前・田代池・大正池を通って帰ってきました。
a0094730_11434439.jpg

 最近は冬の上高地ツアーも人気らしい。
 今日も結構人が入っていました。
 まー日本有数の景勝地ですからね。
 四季を通じて綺麗なところだと思います。
[PR]
by shirabiso | 2010-02-13 12:00 | 山登り・温泉

冬の只見線(2010/1/30-31)-2

 朝08時30分、会津川口駅始発の会津若松駅行きに乗車。
 もっと朝はゆっくり出発したかったんですけど、この列車を逃すとお昼過ぎまで次が無いので仕方が無い。
a0094730_115511100.jpg

 駅のプラットホームからは目の前の只見川が水墨画のように静かに広がって見えます。
 垂れ込めている低い雲と、深い緑色した川面。
 なんか静かな時間が流れてるな~。
a0094730_11491353.jpg

 今年は雪の量が多いそうです。
 でも昨日今日と天気は雨。
 この時期にはとても珍しい事らしいです。
 やっぱり温暖化の影響なんでしょうか。
a0094730_11584137.jpg

 車内の様子。扇風機がなんともレトロですね~。
 始発ということもあり車内はガラガラです。
a0094730_12344275.jpg


 今日も2冊目の文庫本読みながら、車窓を楽しみます。
 ゴトゴトゴトゴトと今日もゆっくり走る只見線に揺られ、身をまかせていきます。

 会津若松が近づくにつれ、乗客も少しづつ増えてきて、
 車窓の景色も少しづつ変化してきます。
a0094730_1292570.jpg


 一駅手前の七日町駅で下車し、ぷらぷらと街並みを見ながら会津若松駅へ。
 ここからは会津鉄道・野岩鉄道・東武線を乗り継いで帰ります。

 一両編成の会津鉄道。
 野口秀雄の顔と文字が描かれていました。
a0094730_12463892.jpg

 再び車窓を楽しみながら、列車の旅。
a0094730_12591983.jpg

 でも只見線のあのゴトゴトとしたゆっくり感は無く、ちょっと寂しいです。

 文庫本はいつの間にか3冊目に替り、旅も終りに近づきます。

 久し振りに一人での、ぶらり旅。
 ほんとうにゆっくりと流れる時間の中で、美しい風景を見ながらのんびり出来ました。

 なんかとても良かったな~。
[PR]
by shirabiso | 2010-02-11 13:07 |

冬の只見線(2010/1/30-31)-1

 何故だか急に旅がしたくなって、、、
 冬の只見線っていいんだろーなーと思い始め、、、
 鈍行列車に揺られながら、ゆっくり車窓から雪景色を眺めるのっていいかな~となり、
 文庫本3冊持って小さな旅に出てみました。

 家から高崎線・上越線を乗り継ぎ小出まで約5時間。
 ここで只見線に乗換え。
 発車まで約2時間待ち。
 でも駅前で昼食を食べ、のんびりしていたら2時間はあっと言う間。
 なんかこの時間の感覚が懐かしい。
 (既に文庫本1冊読み終えてしまいました。)
a0094730_22194369.jpg

 2両編成の只見線は、会津若松まで約4時間かけて走るローカル線。
 鉄道ファンには結構が人気があるらしい。
 この日も数名の鉄ちゃん達が乗車していたが、青春18きっぷが適用にならない今の時期は比較的すいているようだ。
 4人掛けボックスを一人で占領し、のんびりと車窓を楽しむ。
a0094730_22285530.jpg

 只見駅を過ぎると只見川沿いを走るようになり、車窓には常にゆったりと流れる緑の只見川を眺めることが出来る。
 で、この只見線、本当にゆっくりと走る。
 カーブが多いせいなのか、時速30kmぐらいでしょうか。のんびりのんびり走る、このゆったり感がたまりません。
 眠くなったら眠り、目が覚めると本を読み車窓を眺める。
 ゴトゴトと果てしなく揺られていると、大昔に冬の北海道を旅していた時の事を思い出します。

a0094730_22421333.jpg
 一日で小出・会津若松を経由して家まで帰れてしまうのですが、まーそこはそんなに頑張っていくこともないかと、今日は途中駅の会津川口駅止まりです。
a0094730_22414442.jpg

 今日の泊まりは民宿『こばやし』
 本日の泊り客は私一人。
 なんかいいなー。
a0094730_22531698.jpg
 囲炉裏のある古民家で、ここでものんびりすることが出来ました。
a0094730_22442029.jpg

 この辺りはいい温泉が沢山あるようで、近くの八町温泉共同浴場『亀の湯』と『玉梨温泉共同浴場』へ行ってきました。
 両方とも素朴な温泉で、お湯もとてもよく、地元の方達が入りに来ていて、風情があるいい温泉でした。
a0094730_22491799.jpg

 久し振りの一人旅にちょっとひたってしまいます。
 いいな~、このゆっくりとした時間感覚。
[PR]
by shirabiso | 2010-02-10 22:59 |

湯の丸・池の平 テレマークスキー(2010/1/17)

 ようやく今シーズンの初滑りに行ってきました。
 初滑りということで、お手軽な湯の丸・池の平へ。
a0094730_21471342.jpg

 当日は快晴に恵まれ、おまけに寒気が入り込んでいて雪は良い状態。
 前日の土曜日は天気が荒れていたようで、湯の丸へのルートはノートレース。

 ここでラッセルするとは思いませんでした。
 なんか、この冬は昨年の塩見からずーっとラッセルばかりしている気がします。
 山に出かけるたびに寒気が入り込んで、、、まーそのお陰で綺麗な雪景色を見ることが出来ているんだけど、、、こーいつもいつもラッセルっつーのはなぁ~。疲れるんだよなぁ~。
 とはいえ、ラッセルして登ったお陰でノートラックの新雪面を気持ち良く滑ることが出来ましたー!

 昨年、ニセコに行った後にパウダー用の板がほしくなって購入しておいた新品の板です!
 K2のワークスティンクス(WORK STINX 08-09モデル)
a0094730_2244791.jpg
 グラフィックも気に入って購入した板の初滑り。
 いい感じです!
 今までの板に比べて幅が広い分、浮遊感がアップ。
 深雪の中でも板が良く曲がるし、滑り心地はgoodです。
 買って良かった~。

 湯の丸も池の平もあっと言う間に滑り降りてしまったけど、新しい板で予想外のパウダーを滑れたので気分は上々です。
[PR]
by shirabiso | 2010-02-09 22:20 | テレマークスキー