写真で綴る、自然とのふれあい日記
by shirabiso
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31


<   2010年 03月 ( 6 )   > この月の画像一覧

ユキヤナギ満開

 昨年より若干遅かったけど、今年も見事に花咲きました。
 このユキヤナギ(バラ科)が満開になると、春だなーって実感です!
 庭が一気に華やかになりますねー。
a0094730_13591793.jpg
a0094730_13594993.jpg
a0094730_140019.jpg
a0094730_1404029.jpg

 こちらも玄関脇のプランターの中で、3月初旬から目を楽しませてくれている水仙
 小ぶりの黄色で、静かなたたずまいが気に入ってます。
a0094730_1455075.jpg

 クリスマスローズ。
 毎度の事ながら、土に這いつくばるようにして写真を撮らなくてはいけないのでね~。身勝手なお願いですが、写真撮るときだけ上向いて咲いてくれないですかね~。
a0094730_14143669.jpg

 その他にも久し振りに庭でウロウロして春を見つけてきました。
a0094730_14164515.jpg
a0094730_1416551.jpg
a0094730_14171878.jpg
a0094730_14173390.jpg
a0094730_14174264.jpg

 春の陽気に誘われて、花屋で段ボール箱にいっぱいの春を購入。これで1,000円。
 なんか春は気分いいですね~。
a0094730_14201664.jpg

[PR]
by shirabiso | 2010-03-22 14:22 | 庭の花

乗鞍、位ヶ原山荘(2010年3月13-14日)---2

 翌朝、東の空が綺麗に晴れてきています!
a0094730_19543764.jpg
 登山客の人達は朝早くから出発していったけど、うちらはのんびりと最後まで小屋に居座り、(出来ればこのまま一日中コタツでまったりしていたかったのですが、)一番最後に仕方なく出発。

 天気は快晴なんですが、風が強く吹いています。
 上の方は白い雪煙が舞っていて、大丈夫ですかね~?
a0094730_2041084.jpg
 うちらが目指すのは乗鞍岳のピークではなくて、向かって右端の大黒岳。
 ここは北アルプスの眺望が素晴らしく、今日のこの天気なら穂高が綺麗に見えるはずなんですけど、、、

 最初は順調に登っていたのですが、徐々に標高を上げていくに連れ、稜線を吹き抜ける風をまともに受けるようになってきて、
 雪面の雪が飛ばされてアイスバーン状態になってきて、
 段々と立っているのも大変になってきて、
 峠まであと5mってとこまで行ったのですが、稜線に出てしまうと立っていることも出来そうもなく、そんな状態で稜線に出る必要もなく、、、結局あと稜線まで5mってところで引き返してきました。

 いったん位ヶ原山荘前まで滑り降り、お昼休憩した後に再び少しだけ登り返して下山の為にツアーコースへ。
 途中の景色はまさに絶景。
 空、青いよな~。
 こんな景色を見られただけでも満足だよな~。
a0094730_20155216.jpg

 これが今シーズン使っているK2のワークスティンクス。板は良いんだけど、今シーズン、あんまり滑りに行ってないせいか、板に乗れてないんだよな~。。。
a0094730_20241393.jpg
 滑りは最悪で転んでばかりですが、天気は気持ち良いです!
a0094730_20201723.jpg

 良い天気に恵まれ、
 そして位ヶ原山荘、すっかり気に入ってしまいました。
 なんかコタツ、落ち着きますね~。
 また訪れてみたい小屋でした!
[PR]
by shirabiso | 2010-03-20 20:30 | テレマークスキー

乗鞍、位ヶ原山荘(2010年3月13-14日)---1

 3月ってーのは滑るには中途半端な季節で、雪は湿って重たい雪うえに、天気が三寒四温で安定しない。
 雪も天気も不安定で、行ってみないと良く分からない。
 この日も少しでも標高の高いところと思って乗鞍に来てみたものの、登り口の乗鞍高原温泉スキー場は朝から雨!
 スキーに来て雨ほど気分の乗らない天気はないです。
 なので昼頃には雨が止むのを期待して朝から温泉『湯けむり館』へ。

 何となく小雨になったような気がするお昼過ぎに、ようやく出発。
 今日のお宿はスキー場トップから1時間半ぐらい歩いた位ヶ原山荘です。
a0094730_17301327.jpg
 雨は止んだけど、ガスが掛かって視界のないツアーコースをテクテクとスキーで位ヶ原山荘へ。
 春はここまでバスで来れるんですけど、この時期はまだ雪に閉ざされた山小屋です。
a0094730_17434458.jpg
 友人の是非一度泊まってみたいとの言葉に誘われて、どんなとこなのか期待です。
 おー!コタツ!いいですねー。
a0094730_17424595.jpg
 昼過ぎに出たと言うのに、小屋への到着は我々が一番乗り。途中で登山者パーティを何人も追い越してきたからね~。荷物が少なければスキーの機動性は抜群ですね。スノーシューやワカンよりも遥かに速い!
 今日は天気も悪いし、もー後は小屋でくつろぐだけです。
 コタツに入ってお酒飲んで、、、すっかりくつろいでしまいます。

 泊り客はスキーの人ばかりだと思っていたのに、結果、スキーは我々二人のみ。後は登山客ばかり。山屋はさすがだねー。天気悪くても登ってくるねー。まー明日は天気予報では晴れだから。
 スキーヤーは下で温泉入りながら待機なんですかね。
[PR]
by shirabiso | 2010-03-20 18:03 | テレマークスキー

芳ヶ平テレマークスキー(2010年2月27-28日)

 直前まで天気予報では雨だったのですが、当日は青空が広がり気分上々!
 ロープウェイ山頂駅を降り、パトロールに届けてからツアー開始です。
 湯釜の広い裾野をテクテクと板を滑らせていきます。
a0094730_147286.jpg

 湯釜をバックに芳ヶ平ヒュッテへー!
a0094730_1483114.jpg

 天気が良くて気持ち良さそうに見えますが、ここ1週間、とても気温が高く、雪質はまるっきり駄目。板を滑らしていても急にボコッと穴が開いたり、下り坂になっても板に粘りつくようにブレーキが掛かるし、、、何でもないところで何度も転びながら芳ヶ平ヒュッテに到着。
 雪は駄目だけど、天気が気持ち良いので、昼前からビールで乾杯してしまいました!
 昨日はこの辺でも雨だったそうです。1日で50cmは雪が減ってしまったらしい。
 まだ2月なんだけどな~。
 外で気持ち良くビールが飲めるっておかしいよな~。
a0094730_14152184.jpg

 もーこのまま気持ち良く飲み続けても良かったんですが、ヒュッテのお母さんに『駄目っ!滑りに行ってきなさい!』と根の生えそうなお尻を叩かれ、シブシブ渋峠方面まで行ってきました。
 標高も上がったのと、少し気温も下がってきたようで、案外雪質は上々。
 でも今シーズンまだ全然滑っていない私としては、なんか板に乗れたないよな~って感じで、コケまくり。
 やっぱり練習しないと駄目だよな~。
a0094730_142917100.jpg

 16時前にヒュッテに戻り、あとはもーくつろぐのみ。
 ここは何度来ても幸せな時間が刻まれているなーって思います。
a0094730_14312457.jpg

 料理は美味しいし、当然ワインも美味しくなるんですね。
 それと、このヒュッテは客を多く泊めないのと、新堀さん達が作り出すヒュッテの雰囲気で、自然と同宿になった方達と親しくなれるんですねー。
 本日も雑誌「ランドネ」を読んで来たという方達と楽しい時間を過ごせました。
a0094730_14322118.jpg


 翌日、風が強く、ちょっとだけ滑って早々にヒュッテでマッタリする。
 2年前に来たときは吹雪で閉じ込められて帰れなかったんですが、今回はこの程度の風では帰れちゃいますねー。
a0094730_14414862.jpg

 帰る前に腹ごしらえ。
 パスタはいつも頼むので、今回は気になるメニューを頼んでみました。
a0094730_1448840.jpg
a0094730_14482573.jpg

 「パンデフロール」と「本日のシャーベットとジェラード」
a0094730_1451224.jpg
a0094730_1451423.jpg

 いやーとっても美味しかったです!
 ランドネガールが食べるようなメニューでお母さんに黄色い目で見られてしまいましたが、でも美味しいものは美味しいんです。(ここでしか恥ずかしくって食べれませんが)

 はぁー、今回もとても幸せな時間が過ごせましたなー。
 やっぱり芳ヶ平ヒュッテですねー。
[PR]
by shirabiso | 2010-03-07 14:59 | テレマークスキー

神津島、天上山(2010年2月20-21日)---2

 標高572m、天上山頂上からの眺めです。
a0094730_1865123.jpg
 山に登って海が見えるのって、大好きなんだよな~!
 いいな~ぁ。

 反対側はこんな感じ。
 ごつごつとした火山島の跡って感じですね。
a0094730_18112227.jpg

 この中には表砂漠・裏砂漠ってとこがあって、これが凄くきめ細かい真っ白な砂なんです。
 ごつごつした風景の中に、この白い砂地は不思議な世界。
a0094730_1816055.jpg

 これは「新東京百景展望地」からの眺め。
 式根島・新島・利島が見えてます。
a0094730_18234580.jpg

 これは「不動池」
 中洲には龍神が祀られているらしい。
 砂漠があったり、海が見えたり、こんな苔むした池があったりと次から次へ、色々な景色が現れて、神津島天上山はあなどれません!
a0094730_18303445.jpg

 気持ちの良い「天空の丘」
 360度の大展望が楽しめ、三宅島や伊豆半島も見えたし、とてもとても凄いことに富士山が見えたんです!!!
 これには感動です。
 雪を被った部分だけが白いプリンのように薄~く空に浮かんで見えたんです。
 私、目が良い?
a0094730_18362530.jpg

 白島下山口上部からは不入ガ沢や神津島港が一望できる。
 それにしても良い眺めです。
a0094730_18501544.jpg

 3時半。太陽も少し傾き始め、薄くオレンジ色に輝く海に向かって下山開始です。
a0094730_18522696.jpg

 夜は美味しいお魚で美味しいお酒を飲んで、、、やっぱり島はいいな~ぁ。
a0094730_2141491.jpg


 翌日は朝はゆっくりして、10:30発の船に乗船。
 海も穏やかで、再びのんびり船旅を満喫。
 帰りは横浜で降りて山行を終了。
a0094730_2184016.jpg
 横浜の夜景も綺麗ですね~。

 北海道の時も感じたけど、スピード社会の現代で、船旅ってとても贅沢な時間の使い方のように感じます。
 そして、島はやっぱりいいな~って改めて感じました。
[PR]
by shirabiso | 2010-03-06 21:15 | 山登り・温泉

神津島、天上山(2010年2月20-21日)---1

 伊豆七島の神津島へ行ってきました。
 神津島と言っても海とか釣りじゃなくて、山登りにです。

 22時竹芝桟橋発の「かめりあ丸」に乗船。
 昨年9月に北海道へフェリーで行ったのがすごく快適だったので、今回もフェリーの旅が楽しみです。
a0094730_16464264.jpg

 都会は騒がしくってあまり好きじゃないけど、でも夜景だけはすごく綺麗だと思います。
a0094730_1711751.jpg

 こんな夜景を眺めながら、ゆっくりと東京湾を流れていきます。
 風がとても冷たいんだけど、夜景が綺麗なので、我慢我慢。
 レインボーブリッジ、綺麗だな~ぁ。
a0094730_1745367.jpg

 翌日、海の上で迎える朝ってーのも独特でいいですねー。
a0094730_179035.jpg

 でも大島を過ぎた頃から海が荒れだしてきて、、、
 結構船が揺れて、船酔い者続出。
 まー私は昔っから船には弱くって船酔い慣れしてるってー感じで、おとなしく寝ていたので大丈夫でしたけど。
 船が揺れて酔いそうな時は、ひたすら横になっているのが一番!
a0094730_17275183.jpg


 新島や式根島を経由し、10時に神津島に到着。
 西側は海が荒れている関係で、東側の多幸湾に入港。
 でもこれってラッキーかも。
 多幸湾のこの風景を一見の価値ありですからね。
 この崩壊地の上に今回登る天上山があるってわけです。
a0094730_1723151.jpg

 海抜0mから標高572mの天上山へ向けて出発です。
 標高の低いところはこんな感じ。
 いつも登る山とは植生が違っていて、よく分からない木が多いです。
a0094730_17405911.jpg

 でもすぐに高い木はなくなり、視界が広がってきます。
a0094730_17442841.jpg

 一気に標高をあげると、上は台地状になっていて、
 この風景は去年行った北海道のトムラウシに似ているな~って。
 もちろん、規模は全然違うんですけどね。
a0094730_17502545.jpg


   ---2 に続く。
[PR]
by shirabiso | 2010-03-06 17:58 | 山登り・温泉